COMPLETE PHILIPS RECORDINGS (80CD/LTD)

CLAUDIO ARRAU クラウディオ・アラウ

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

32,778円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 限定品
レーベル
DECCA
国(Country)
EU
フォーマット
CD
組数
80
規格番号
4832984
通販番号
DIN180216-045
発売日
2018年03月14日
EAN
0028948329847
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

巨匠アラウの録音を80枚組BOXに集大成
《クラウディオ・アラウ / PHILIPS録音全集》
限定生産BOX



●クラウディオ・アラウがフィリップスとアメリカ・デッカに行った全録音に、ドイツ・グラモフォンにレナード・バーンスタインと行ったベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番のライヴ録音を加えた80枚組BOX限定盤です。
●アラウは非常に深い解釈で、モーツァルト、ブラームス、シューマン、リスト、ショパン、そして特にベートーヴェンの演奏で絶賛される卓越したピアニストのひとりです。
●指揮者サー・コリン・デイヴィス、ベルナルト・ハイティンク、レナード・バーンスタイン、ヴァイオリニストのヘンリク・シェリング、アルテュール・グリュミオー、チェリストのヤーノシュ・シュタルケルとの共演も収録しています。
●アラウへの未発表の2つのインタビューも収録。1つは1964年のコンセルトヘボウ管弦楽団とベルナルト・ハイティンクとのオリジナルLP発売時に行われたもので、ベートーヴェンの協奏曲について、もう1つは1970年にベートーヴェンのソナタについて語っています。
●180ページのブックレットには、レコーディング・プロデューサーのジェレミー・ヘイズ氏による新規エッセー、フィリップス/デッカ所蔵の貴重な未発表写真が掲載されています。
●美麗パッケージ

「クラウディオ・アラウは切に、一心に音楽の誠実さを信じていたので、どんなレベルにおいても妥協することを最も嫌う模範となる音楽家でした」(ダニエル・バレンボイム)

(資料提供:ユニバーサルミュージックIMS)

【収録内容】
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ《CD 1》1) 第1番、2) 第2番、3) 第3番【録音】1964年、アムステルダム /《CD 2》1) 第4番、2) 第5番【録音】1964年、アムステルダム /《CD 3》1) 第6番、2) 第7番、3) 第8番『悲愴』、4) 第9番【録音】1964年(1, 2)、1963年(3)、1966年(4)、アムステルダム /《CD 4》1) 第10番、2) 第11番、3) 第12番【録音】1966年(1)、1962年(2, 3)、アムステルダム /《CD 5》1) 第13番、2) 第14番『月光』、3) 第15番『田園』【録音】1962年、アムステルダム /《CD 6》1) 第16番、2) 第17番『テンペスト』、3) 第18番『狩』【録音】1966年(1)、1965年(2, 3)、アムステルダム /《CD 7》1) 第19番、2) 第20番、3) 第21番『ワルトシュタイン』、4) 第22番、5) 第23番『熱情』【録音】1966年(1, 2)、1963年(3)、1965年(4, 5)、アムステルダム /《CD 8》1) 第24番『テレーゼ』、2) 第25番、3) 第26番『告別』、4) 第27番【録音】1965年(1)、1966年(2-4)、アムステルダム /《CD 9》1) 第28番、2) 第29番『ハンマークラヴィーア』【録音】1965年(1)、1963年(2)、アムステルダム /《CD 10》1) 第30番、2) 第31番、3) 第32番 【録音】1965年、アムステルダム /《CD 11》1) エロイカ変奏曲Op.35、2) 創作主題による32の変奏曲、3) 創作主題による6つの変奏曲Op.34、4) ロンド ト長調Op.51【録音】1968年、ベルリン(1-3)、1963年、アムステルダム(4)/ ピアノ協奏曲《CD 12》1) 第1番、2) 第2番【演奏】ベルナルト・ハイティンク(指揮)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団【録音】1964年、アムステルダム /《CD 13》1) 第3番、2) 第4番【演奏】ベルナルト・ハイティンク(指揮)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団【録音】1964年、アムステルダム /《CD 14》1) ピアノ協奏曲第5番『皇帝』、2) 三重協奏曲【演奏】ベルナルト・ハイティンク(指揮)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(1)、ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)、ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)、エリアフ・インバル(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(2)【録音】1964年、アムステルダム(1)、1970年、ロンドン(2)/ ヴァイオリン・ソナタ《CD 15》1) 第1番、2) 第2番、3) 第4番【演奏】アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)【録音】1975年(1)、1976年(2, 3)、アムステルダム / 《CD 16》1) 第5番『春』、2) 第7番、3) 第8番【演奏】アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)【録音】1975年(1)、1976年(2, 3)、アムステルダム / ピアノ・ソナタ《CD 17》1) 第1番、2) 第2番、3) 第3番【録音】1988年、ドイツ、ノイマルクト(1)、1990年(2)、1986年(3)、ラ・ショードフォン /《CD 18》1) 第4番、2) 第5番、3) 第6番【録音】1985年(1)、1986年(2)、ラ・ショードフォン、1988年、ドイツ、ノイマルクト(3)/《CD 19》1) 第7番、2) 第8番『悲愴』、3) 第9番、4) 第10番【録音】1985年(1)、1986年(2)、1989年(3, 4)、ラ・ショードフォン /《CD 20》1) 第11番、2) 第12番、3) 第13番【録音】1988年、ラ・ショードフォン(1)、1989年(2)、1984年(3)、ニューヨーク /《CD 21》1) 第15番『田園』、2) 第16番、3) 第17番『テンペスト』【録音】1989年、ニューヨーク(1)、1990年(2)、1987年(3)、ラ・ショードフォン /《CD 22》ピアノ・ソナタ1) 第18番『狩』、2) 第19番、3) 第20番、4) アンダンテ・ファヴォリWoO57、5) 32の変奏曲ハ短調WoO80【録音】1988年(1)、1989年(2, 3)、1984年(4)、1985年(5)、ラ・ショードフォン / ピアノ・ソナタ《CD 23》1) 第21番『ワルトシュタイン』、2) 第22番、3) 第23番『熱情』【録音】1984年(1)、1990年(2)、ラ・ショードフォン、1984年、ニューヨーク(3)/《CD 24》1) 第24番『テレーゼ』、2) 第25番、3) 第26番『告別』、4) 第27番、5) 第28番【録音】1990年(1, 2)、1989年(4, 5)、ラ・ショードフォン、1984年、ニューヨーク(3)/《CD 25》1) 第30番、2) 第31番、3) 第32番【録音】1983年、アムステルダム(1)、1987年(2)、1985年(3)、ラ・ショードフォン/《CD 26》ディアベリのワルツの主題による33の変奏曲Op.120【録音】1985年、ラ・ショードフォン / ピアノ協奏曲《CD 27》1) 第1番、2) 第2番【演奏】サー・コリン・デイヴィス(指揮)シュターツカペレ・ドレスデン【録音】1987年、ドレスデン / 《CD 28》1) 第3番、2) 第4番【演奏】サー・コリン・デイヴィス(指揮)シュターツカペレ・ドレスデン【録音】1987年(1)、1984年(2)、ドレスデン /《CD 29》第5番『皇帝』【演奏】サー・コリン・デイヴィス(指揮)シュターツカペレ・ドレスデン【録音】1984年、ドレスデン / モーツァルト:《CD 30》ピアノ・ソナタ1) 第1番、2) 第2番、3) 第3番、4) ロンドK.485【録音】1988年、ラ・ショードフォン(1-3)、1984年、ミュンヘン(4)/ ピアノ・ソナタ《CD 31》1) 第4番、2) 第5番、3) 第6番【録音】1985年(1, 2)1987年(3)、ラ・ショードフォン /《CD 32》1) 第7番、2) 第8番、3) 第9番【録音】1986年、ラ・ショードフォン(1, 3)、1984年、ミュンヘン(2)/《CD 33》ピアノ・ソナタ1) 第10番、2) 第11番、3) アダージョK.540【録音】1984年、ミュンヘン(1)、1986年、ラ・ショードフォン(2)、1983年、アムステルダム(3)/ ピアノ・ソナタ《CD 34》1) 第12番、2) 第13番【録音】1985年、ラ・ショードフォン /《CD 35》1) 第15番、2) 第16番、3) 第17番【録音】1987年(1)、1985年(2)、ラ・ショードフォン、1983年、アムステルダム(3)/《CD 36》1) ピアノ・ソナタ第18番、2) 幻想曲K.475、3) ピアノ・ソナタ第14番、4) 幻想曲K.397、5) ロンドK.511【録音】1983年、アムステルダム(1)1973年、ベルリン(2-5)、/ シューベルト:ピアノ・ソナタ《CD 37》1) 第13番、2) 第18番【録音】1980年(1)、1990年(2)、ラ・ショードフォン /《CD 38》1) 第19番、2) 第20番【録音】1978年、アムステルダム(1)、1982年、ラ・ショードフォン(2)/《CD 39》第21番【録音】1980年、ラ・ショードフォン /《CD 40》4つの即興曲1) Op.90、2) Op.142 【録音】1978年、アムステルダム(1)、1991年、1990年、ラ・ショードフォン(2)/《CD 41》1) 3つのピアノ曲D946、2) 楽興の時D780、3) アレグレットD915【録音】1990年、ラ・ショードフォン(1, 2)、1978年、アムステルダム(3)/ ショパン:《CD 42》1) 24の前奏曲Op.28、前奏曲2) 第25番Op.45、3) 第24番Op.posth、4) 4つの即興曲【録音】1973年、アムステルダム(1-3)、1980年、ラ・ショードフォン(4)/《CD 43》ワルツ集【録音】1979年、1980年 /《CD 44》1)4つのバラード、2) 舟歌Op.60、3) 幻想曲Op.49【録音】1977年(1, 3)、1980年(2)/《CD 45》1) 4つのスケルツォ、2) ポロネーズOp.61【録音】1984年、ミュンヘン / 夜想曲《CD 46》第1-11番【録音】1978年、アムステルダム /《CD 47》第12-21番【録音】1978年、アムステルダム /《CD 48》ピアノ協奏曲第1・2番【演奏】エリアフ・インバル(指揮)ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団【録音】1970年、ロンドン /《CD 49》1)『ドン・ジョヴァンニ』の「お手をどうぞ」による変奏曲、2) ポーランド民謡による幻想曲、3) 演奏会用ロンド『クラコヴィアク』、4) アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズOp.22【録音】1972年(1, 4)、1970年(2)、1971年、ロンドン(3)/ シューマン:《CD 50》1) アベッグ変奏曲、2) 蝶々Op.2、3) 幻想曲Op.17、4) 夜曲Op.23【録音】1970年(1)、1971年(4)、ベルリン、1974年(2)、1966年(3)、アムステルダム /《CD 51》1) 謝肉祭Op.9、2) ピアノ・ソナタ第1番Op.11、3) 幻想小曲集Op.111【録音】1966年(1)、1967年(2)、1968年(3)、アムステルダム /《CD 52》1) 幻想小曲集Op.12、2) 交響的練習曲Op.13、3) アラベスクハ長調Op.18【録音】1972年(1)、1970年(2)、ベルリン、1967年、アムステルダム(3)/《CD 53》1) 子供の情景Op.15、2) クライスレリアーナOp.16、3) 森の情景Op.82【録音】1974年、アムステルダム(1)、1972年、ベルリン(2)、ザルツブルク(3)/《CD 54》1) ダヴィッド同盟舞曲集Op.6、2) 花の曲Op.19、3) フモレスケOp.20【録音】1971年、ベルリン(1)、1976年(2)、1968年(3)、アムステルダム /《CD 55》1) ノヴェレッテOp.21、2) ピアノ・ソナタ第2番Op.22【録音】1972年&1973年、ロッテルダム&ベルリン(1)、1972年、ベルリン(2)/《CD 56》1) ウィーンの謝肉祭の道化Op.26、2) 3つのロマンスOp.28、3) ピアノ協奏曲イ短調Op.54【演奏】サー・コリン・デイヴィス(指揮)ボストン交響楽団(3)【録音】1967年(1)、1976年(2)、アムステルダム、1980年、ボストン(3)/ リスト:《CD 57》1) ソナタ ロ短調S.178、ピアノ協奏曲2) 第1番、3) 第2番【演奏】サー・コリン・デイヴィス(指揮)ロンドン交響楽団(2, 3)【録音】1970年、ベルリン(1)、1979年、ロンドン(2, 3)/《CD 58》超絶技巧練習曲S.139【録音】1976年、アムステルダム / 《CD 59》1) 忘れられたワルツ第1番S.215 No.1、2) ショパンによる6つのポーランドの歌S.480、『詩的で宗教的な調べ』S.173より3) 葬送曲、4) 孤独の中の神の祝福、5) バラード第2番S.171【録音】1969年、オランダ(1, 5)、1982年(2, 3)、1970年、ベルリン(4)/《CD 60》1) 愛の夢第3番S.541 No.3、2) ヴェルディの歌劇による演奏会用パラフレーズS.434・S.432・S.433・S.431・S.436・S.435・S.438、3) メフィスト・ワルツ第1番S.110 No.2【録音】1985年、ラ・ショードフォン(1)、1971年、ロッテルダム(2)、1989年、ニューヨーク(3)/《CD 61》1) 2つの演奏会用練習曲S.145、2) 3つの演奏会用練習曲S.144、3) ピアノ・ソナタ ロ短調S.178【録音】1970年、ベルリン(1)、1976年&1974年、ロッテルダム&アムステルダム(2)、1985年、ラ・ショードフォン(3)/ 巡礼の年《CD 62》1) 第3年S.163より「エステ荘の噴水」、2) 第1年:スイスS.160より「オーベルマンの谷」、第2年:イタリアS.161より3) ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲、4) ペトラルカのソネット104番、5) ペトラルカのソネット123番、6) 第1年:スイスS.160より「ウィリアム・テルの聖堂」【録音】1969年、ドイツ(1, 2)、オランダ(4, 5)、1962年(3)、1989年、ニューヨーク(6)/ ブラームス:《CD 63》1) 4つのバラードOp.10、2) ヘンデルの主題による変奏曲とフーガOp.24、3) パガニーニの主題による変奏曲Op.35【録音】1978年(1, 2)、1974年、アムステルダム(3)/《CD 64》ピアノ・ソナタ1) 第2番、2) 第3番、3) スケルツォOp.4【録音】1973年(1)、1971年、オランダ(2, 3)/ ピアノ協奏曲《CD 65》第1番【演奏】ベルナルト・ハイティンク(指揮)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団【録音】1969年、アムステルダム /《CD 66》第2番【演奏】ベルナルト・ハイティンク(指揮)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団【録音】1969年、アムステルダム /《CD 67》チャイコフスキー:1) ピアノ協奏曲第1番Op.23、2) グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調Op.16【演奏】サー・コリン・デイヴィス(指揮)ボストン交響楽団【録音】1979年(1)、1980年(2)、ボストン / "《CD 68》1) グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調Op.16 、2) シューマン:ピアノ協奏曲イ短調Op.54【演奏】クリストフ・フォン・ドホナーニ(指揮)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団【録音】1963年、アムステルダム / ドビュッシー:《CD 69》1) 前奏曲集第1巻、2) 映像第2集、3)『版画』より「塔」「グラナダの夕べ」「雨の庭」【録音】1979年、ラ・ショードフォン(1)、1979年(2)、1980年(3)/《CD 70》1) 前奏曲集第2巻、2) 映像第2集【録音】1979年、ラ・ショードフォン /《CD 71》1) ベルガマスク組曲、2) 『ピアノのために』より「サラバンド」、3) レントより遅く、4) ロマンティックなワルツ【録音】1991年、ラ・ショードフォン / J.S.バッハ:パルティータ《CD 72》1) 第2番BWV826、2) 第1番BWV825【録音】1991年、ラ・ショードフォン /《CD 73》1) 第5番BWV829、2) 第3番BWV827【録音】1991年、ラ・ショードフォン /《CD 74》1) ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番『熱情』、2) リスト:バラード第2番、3) ショパン:スケルツォ第1番【録音】1983年、ミュンヘン / ベートーヴェン:《CD 75》1) ディアベリのワルツの主題による33の変奏曲Op.120、2) エロイカ変奏曲Op.35【録音】1952年、ニューヨーク / ピアノ・ソナタ《CD 76》1) 第29番『ハンマークラヴィーア』、2) 第8番『悲愴』【録音】1954年、ニューヨーク /《CD 77》ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ1) 第14番『月光』、2) 第23番『熱情』、3) 第26番『告別』、4) ショパン:幻想曲Op.49【録音】1954年、ニューヨーク /《CD 78》ショパン:1) 4つのスケルツォ、2) 4つのバラード【録音】1953年、ニューヨーク /《CD 79》ショパン:1) 4つの即興曲、2) 舟歌Op.60、3) バラキレフ:イスラメイ、クラウディオ・アラウの2つのインタビュー:4)「ベートーヴェンの協奏曲について」、5)「ベートーヴェンのソナタについて」【録音】1953年、ニューヨーク(1, 2)、1928年(3)、1964年(4)、1970年(5)/《CD 80》ベートーヴェン:1) 『レオノーレ』序曲第3番、2) ピアノ協奏曲第4番【演奏】レナード・バーンスタイン(指揮)バイエルン放送交響楽団【録音】1976年、ミュンヘン(ライヴ)【演奏】クラウディオ・アラウ(ピアノ)