BACH: 6 SONATAS FOR VIOLN & KEYBOARD

MICHELE AUCLAIR ミシェル・オークレール

限定生産アナログレコード2枚組

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • タイムセール対象

3,240円(税込)

10%OFF 2,916円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 限定品
レーベル
WARNER CLASSICS
国(Country)
EU
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
9029562341
通販番号
DIN180615-064
発売日
2018年08月12日
EAN
0190295623418

商品詳細情報

限定生産アナログレコード
180g重量盤・2枚組

※初回入荷数には限りがあります。
※制作元完売の際は何卒ご容赦ください。

【謹告】ジャケットに「STEREO」の表記がありますが、発売前からのお知らせの通り「モノラル録音」です。レーベル側では訂正したジャケットを再生産するといった対応はしないとのことですので、誤表記のままとなりますが、何卒ご了承ください。

フランスが生んだ女流ヴァイオリニスト、ミシェル・オークレール。左手の故障のため惜しくも30歳代で現役を引退したために、録音に恵まれませんでした。この録音はディスコフィル・フランセに残した、数少ないセッション録音のもので、通常ピアノかチェンバロで演奏するところを、マリー=クレール・アランがオルガンで演奏をしているというのも貴重でしょう。 オークレールの年齢を感じさせない、落ち着いた情熱的で気品高いヴァイオリン、的確なレジストレーションで支えるアランのオルガンとが一体化し、魅力的なバッハを奏でた名演奏です。
当時発売されたアナログ盤は、その後のステレオ録音時代への移行期と重なり、長らく廃盤となっていましたが、今回オリジナル・マスターテープより24bit/96kHzリマスターされた音源を使用し、180gアナログLP盤として限定復刻いたします。 (資料提供:ワーナーミュージック)
 
【収録曲】
J.S.バッハ: ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ全集(全6曲)
《SideA》
ヴァイオリン・ソナタ第3番ホ長調BWV.1016
《SideB》
ヴァイオリン・ソナタ第6番ト長調 BWV.1019、ヴァイオリン・ソナタ第1番ロ短調 BWV.1014
《SideC》
ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ短調 BWV.1018
《SideD》
ヴァイオリン・ソナタ第4番ハ短調 BWV.1017、 ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 BWV.1015
 
【演奏】
ミシェル・オークレール(ヴァイオリン) 
マリー=クレール・アラン(オルガン:ヘルファー=エルマン 1955年製)

【録音】
 1956年12月~1957年1月、フランス、ドーヴィル、サントーギュスタン教会 (モノラル)

【プロデューサー】アントワーヌ・デュアメル
【バランス・エンジニア】 ダニエル・マドレーヌ
 
【オリジナルLP】ディスコフィル・フランセ DF 209-210
 
【リマスター】2014年、パリ、Art & Son Studio オリジナル・マスターテープより24bit/96kHzリマスター