STENHAMMAR: SANGEN (SONGS), ETC

NEEME JARVI ネーメ・ヤルヴィ

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

2,915円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
BIS
国(Country)
SWE
フォーマット
SACD
規格番号
BISSA2359
通販番号
DIN180810-073
発売日
EAN
7318599923598
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★ヴィルヘルム・ステーンハンマル(1871-1927)は、19世紀から20世紀の変わり目の時代、スウェーデンでもっとも重要な作曲家のひとりでした。ピアニスト、指揮者としても尊敬を集め、彼が作曲した2曲のピアノ協奏曲と交響曲、6曲の弦楽四重奏曲、歌曲、管弦楽をともなう大規模の合唱曲といった作品は、人々から広く愛されてきました。彼の作曲する音楽は、和声の独創性以上に旋律の個性が際立っていることから、ステーンハンマルは、しばしば「歌の作家」と呼ばれます。彼の「メロディ」は、細やかなニュアンスに満ち、このうえなく繊細な詩の朗読にも例えられてきました。
★「4人の独唱者、混声合唱、児童合唱と管弦楽」による交響的カンタータ(En symfonisk kantat)《歌》は、1921年、スウェーデン王立音楽アカデミーの設立150年記念のために作曲された作品です。作曲家テューレ・ラングストレム(1884?1947)が詩を作り、第1部「わが歌、祖国 - わが歌を生みし国よ!(Min sang, mitt land ? du mina sangers land!)」と第2部「神殿が輝く。天空が鳴っている(Templet str?lar. Rymder ljuda.)」から構成され、「歌の国スウェーデン」の最初の偉大な歌曲作家へのオマージュとしてリンドブラード Adolf Fredrik Lindblad(1801-1878)の歌曲《夏の日(En sommardag)》が「モチーフ」として引用されます。第2部の冒頭に置かれた〈間奏曲(Mellanspel)〉は、ステーンハンマルの温かい人間性の生んだ「モルト・アダージョ、ソレンネ」の音楽が美しく、単独の作品としても演奏されています。「ステーンハンマルのオーケストラ」と王立音楽アカデミーの会員でもあるネーメ・ヤルヴィによる新録音です。
★このアルバムの曲はすべて、設立から間もない交響楽団の首席指揮者に就任するためステーンハンマルが、1907年、ヨーテボリに移ってからの作品です。演出家ペール・リンドベリがヨーテボリの劇場で上演した『ロメオとジュリエット』のための音楽は、ストリンドベリ、ヤルマル・ベリマン、タゴール、シェイクスピア、ゴッツィの劇のために書いた付随音楽の一作。作曲家ヒルディング・ルーセンベリ(1892-1985)がアレンジした、〈田園詩(Pastorale)〉〈クラント(Corrente)〉〈ガヴォット(Gavotte)〉〈ピーターの笛(Petters pipa)〉〈サラバンド(Sarabanda)〉の5曲の組曲版が演奏されます。
★《レヴェレンツァ》(イタリア語「尊敬、敬意」)は、《セレナード》第1稿の第2楽章として作曲され、1919年の改訂の際に省略されました。ウィーン古典音楽の「スケルツォ」の伝統へのオマージュといわれる音楽です。《2つの感傷的なロマンス》は、抒情的な「イ長調」と情熱的な「へ短調」の2曲。1911年ヨーテボリ、ステーンハンマルと長年の友情で結ばれたヴァイオリニストのトゥール・アウリンが聴衆を前に演奏した最後のコンサートで初演されました。この録音のソリスト、サラ・トルーベック(1978-)は、ヨーテボリ交響楽団第一コンサートマスター。楽器は、G.B.ガダニーニ(パルマ 1753年)。2008年に王立音楽アカデミーの会員に選ばれました。 (資料提供:キングインターナショナル)

【収録内容】
ヴィルヘルム・ステーンハンマル(1871-1927):
[1]《ロメオとジュリエット》組曲Op.45(ヒルディング・ルーセンベリによる管弦楽編)
[2]レヴェレンツァ~管弦楽のための(1911-13)
[3]2つの感傷的なロマンス~ヴァイオリンと管弦楽のための Op.28(1910)
[4]交響的カンタータ《歌》~独唱、合唱と管弦楽のための Op.44(1921)

【演奏者】
ネーメ・ヤルヴィ(指揮)、ヨーテボリ交響楽団
[3]サラ・トルーベック(ヴァイオリン)
[4]カルロッタ・ラーション(ソプラノ)、マッティーナ・ディーケ(アルト)、ラーシュ・クレーヴェマン(テノール)、フレードリク・セッテシュトレム(バリトン)、ノルショーピング音楽クラス、ヨーテボリ交響楽団ヴォーカルアンサンブル

セッション録音: 2018年2月、3月 ヨーテボリ・コンサートホール(ヨーテボリ、スウェーデン)