WINNER - THE LEEDS INTERNATIONAL PIANO COMPETITION 2018

ERIC LU (PIANO) エリック・ルー (ピアノ)

  • CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (2週間~1ヶ月後に発送)

1,782円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
WARNER CLASSICS
国(Country)
EU
フォーマット
CD
規格番号
9029555215
通販番号
DIN181005-037
発売日
2018年11月02日
EAN
0190295552152
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

2015年の第17回ショパン国際ピアノ・コンクールで僅か17歳で第4位入賞した米国のピアニスト、エリック・ルーは1997年、米国マサチューセッツ州生まれの中国系アメリカ人。2017年の国際ドイツ・ピアノ賞で優勝。そして2018年のリーズ国際ピアノ・コンクールでも優勝! じっくりとした落ち着きと深みのある演奏は「まだ20歳とは思えないピアニストのレベルを遥かに超えたもの」と高い評価を得ています。その2018年リーズ国際ピアノ・コンクール・ファイナルからの「ショパン:ピアノ・ソナタ第2番」「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番」を収録。 ダン・タイ・ソンの愛弟子の一人として知られ、カーティス音楽院で名教師マクドナルドに師事したエリック・ルーは、2015年のショパン国際コンクールで入賞するなど着々と実力を発揮。今回のリーズ国際ピアノ・コンクールで優勝を勝ち取り、このデビュー・アルバムで類い稀なる才能を堂々と披露しています。ショパンについては、すでにその演奏はお墨付き。幼い頃から「バラード第4番」が好きだったという彼、このアルバムでも冒頭にこの曲を置き、陰影に富むタッチで表情豊かに弾ききっています。ピアノ・ソナタも第3番ではなく第2番を選択。第3楽章の葬送行進曲では沈み込むような深い音色で、じっくりと歩みを進めます。一陣の風のように駆け抜けていく終楽章も強い印象を残します。アルバムのメインとなるベートーヴェンの協奏曲も第4番が選ばれており、ベートーヴェン作品の中でも最も内省的な雰囲気を持つこの曲を、ルーはじっくりと聞かせます。随所で聴くことのできるオーケストラとピアノの対話の美しいこと。彼の確かな音楽性が表れています。

★参考映像 https://www.youtube.com/watch?v=CWew2D5eNmQ
https://www.youtube.com/watch?v=wQ1wz-Ee21w
 
(資料提供:ワーナーミュージック)
 

【収録曲】
[1]ショパン:バラード第4番ヘ短調Op.52
[2]ショパン:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調Op.35「葬送」
[3] ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58

【演奏者】
エリック・ルー(ピアノ)
エドワード・ガードナー(指揮) ハレ管弦楽団 [3]


【録音】
2018年9月、リーズ国際ピアノ・コンクールでのライヴ