ヤング・ピープルズ・コンサート VOL.3 (BD)

LEONARD BERNSTEIN レナード・バーンスタイン

  • BLU-RAY
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

8,640円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
キングインターナショナル
国(Country)
JPN
フォーマット
BLU-RAY(ブルーレイ)
組数
4
規格番号
KKC9431
通販番号
DIN190531-021
発売日
2019年06月30日
EAN
4909346018464
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★バーンスタインが自身の人生を振り返って、最も誇りに思う「仕事」の一つに挙げている『ヤング・ピープルズ・コンサート』。バーンスタインがニューヨーク・フィルとともに『ヤング・ピープルズ・コンサート』を開始したのが1958年。カーネギーホール、リンカーンセンターで演奏されたコンサートはシリーズ化され米CBSでプライムタイムに全米の子供たちに向けて放映されました。同シリーズは企画・指揮・司会をバーンスタインが務め、全53回1972年まで続きました。バーンスタインは子供たちに楽しくわかりやすくクラシック音楽を説明し、自ら演奏をしたりと子供だけでなく、大人にも興味深く解説しています。 今回リリースされる『ヤング・ピープルズ・コンサート』第3弾には18のエピソードが収録されています。 「ホールの音」と出した回では、フィルハーモニック・ホールの音響についてバーンスタインが論じたり、「教師たちへの賛辞」ではフリッツ・ライナーへ敬意を表しています。また、「同窓会」では、『ヤング・ピープルズ・コンサート』の第10シーズンの最終コンサートを祝し、このシリーズからデビューしたチェリストのスティーヴン・ケイツ、ソプラノのヴェロニカ・タイラー、ピアノのアンドレ・ワッツが再び登場します。さらに「永遠のベートーヴェン」では、オール・ベートーヴェン・プログラムでバーンスタインが作品の真髄に迫ります。 若手演奏家による演奏会では、ジェームズ・デ・プリースト、エド・デ・ワールトらの貴重な映像が収録されています。 (資料提供:キングインターナショナル) 【収録内容】 バーンスタイン ヤング・ピープルズ・コンサート vol.3 [Blu ray1]パリへの道(1962年1月18日) ホールの音(1962年11月21日) 教師たちへの賛辞(1963年11月29日) パウル・ヒンデミットの天才性(1964年2月23日) さらば民族主義(1964年11月30日) [Blu ray2]チャールズ・アイヴズ:アメリカの先駆者(1967年2月23日) 同窓会(1967年4月19日) 永遠のベートーヴェン(1968年1月28日) 幻想的変奏曲(1968年12月25日) 改変されたバッハ(1969年4月27日) [Blu ray3]交響楽団の解剖(1970年5月24日) コープランドを称えて(1970年12月27日) リヒャルト・シュトラウスはこう語った(1971年11月4日) リストと悪魔(1972年2月13日) ホルスト:『惑星』(1972年3月26日) [Blu ray4]若手演奏家による3つの演奏 ジェームズ・デ・プリースト、ジャック・ウトマン、エド・デ・ワールト、ヤンウク・キム、他【演奏者】レナード・バーンスタイン(お話・指揮・ピアノ) ニューヨーク・フィルハーモニック