GUNTER WAND CONCERTOS EDITION

GUNTER WAND ギュンター・ヴァント

  • CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (2週間~1ヶ月後に発送)

5,665円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
Profil (CLASSICAL)
国(Country)
GER
フォーマット
CD
組数
6
規格番号
PH19002
通販番号
DIN190729-015
発売日
2019年08月20日
EAN
0881488190021
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★Profileレーベルといえばギュンター・ヴァント。同レーベル所有の音源から、協奏曲を集めた6枚組Boxが登場します。 ★なによりソリストの豪華さに目を瞠らせられます。ピアノではマガロフ、フィルクシュニー、カサドシュ、ギレリス、ボレット。いずれも絶品ながら、後天性免疫不全症候群を発症する直前で、円熟の極みにあったボレット入魂のチャイコフスキーが聴きもの。ヴァントも燃えに燃え、これ以上説得力にあふれたチャイコフスキーの協奏曲は滅多にお目にかかれないと申せましょう。 ★管楽器はオーボエのシェレンベルガー、ホルンのバウマンとブレインが注目。デニス・ブレインとのモーツァルトは、1951年の放送用セッションで、モノラルながら会場ノイズや拍手はありません。早いテンポによるきびきびした音運びはヴァントながらですが、ブレインは危なげな所の一切ない完璧な演奏を繰り広げています。 ★ヴァイオリンで注目なのは女流エディット・パイネマンによるプロコフィエフの協奏曲第1番。協奏曲エディションと銘打ちながらも、ヴァント十八番のハイドンの交響曲第76番やブラームスのセレナード第1番、モーツァルトの序曲集など純オーケストラ・ナンバーも堪能できます。 (資料提供:キングインターナショナル) 【収録内容】ギュンター・ヴァント 協奏曲エディション [Disc1] 73' 28" [1]J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調BWV1041 [2]ハイドン:ピアノ協奏曲ニ長調Hob.XVIII/11 [3]同:オーボエ協奏曲ハ長調Hob.VII:C1 [4]同:交響曲第76番変ホ長調Hob.I/76 [Disc2] 60' 50" [1]モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466 [2]リヒャルト・シュトラウス:ホルン協奏曲第1番変ホ長調Op.11 [3]モーツァルト:ホルン協奏曲第3番変ホ長調K.447 [Disc3] 70' 00" [1]ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58 [2]同:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調Op.73「皇帝」 [Disc4] 64' 45" [1]ブラームス:セレナード第1番ニ長調Op.11 [2]ウェーバー:クラリネット協奏曲第2番変ホ長調Op.74 [Disc5] 57' 42" [1]チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調Op.23 [2]プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調Op.19 [Disc6] 62' 40" [1]サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調Op.61 [2]ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」Op.9 [3]ケルビーニ:「アナクレオン」序曲 [4]モーツァルト:「コジ・ファン・トゥッテ」序曲K.588 [5]同:「魔笛」序曲K.620 [6]同:「フィガロの結婚」序曲K.492ギュンター・ヴァント(指揮) [Disc1]ロラント・グロイッター(ヴァイオリン)[1]、ニキタ・マガロフ(ピアノ)[2]、ハンスイェルク・シェレンベルガー(オーボエ)[3]、北ドイツ放送交響楽団[1,2]、ケルン放送交響楽団[3,4]、録音:1992年3月15-17日[1]、1985年12月2日/ハンブルク・ムジークハレ[2]、1980年1月11日[3]、1973年2月10日[4]/ケルンWDRザール [Disc2]ルドルフ・フィルクシュニー(ピアノ)[1]、ヘルマン・バウマン(ホルン)[2]、デニス・ブレイン(ホルン)[3]、ケルン放送交響楽団、録音:1969年9月13日[1]、1975年10月31日[2]/ケルンWDRザール、1951年1月22日[3](モノラル) [Disc3]ロベール・カサドシュ[1]、エミール・ギレリス[2](ピアノ)、ケルン放送交響楽団、録音:1970年3月6日[1]、1974年12月13日[2]/ケルンWDRザール [Disc4]ヘルムート・ギーサー(クラリネット)[2]、ケルン放送交響楽団、録音:1968年10月2日[1]、1977年11月25日[2]/ケルンWDRザール [Disc5]ホルヘ・ボレット(ピアノ)[1]、エディット・パイネマン(ヴァイオリン)[2]、北ドイツ放送交響楽団[1]、バイエルン放送交響楽団[2]、録音:1985年11月13日/ハンブルク・ムジークハレ[1]、1983年1月13日[2] [Disc6]ルッジェーロ・リッチ(ヴァイオリン)[1]、ケルン放送交響楽団、録音:1970年12月1-5日[1]、1967年10月27日[2]、1975年10月31日[3]、1968年10月2日[4]、2月3日[5]、1969年9月13日[6]/ケルンWDRザール