BEETHOVEN: VIOLIN CONCERTO, ETC

LOLA BOBESCO ローラ・ボベスコ

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • WEB特別価格

1,980(税込)

15%OFF 1,683円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
MELOCLASSIC
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
MC2036
通販番号
DIN190823-032
発売日
2019年09月21日
EAN
4560250644493
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★ローラ・ボベスコ(1921-2003)は、ルーマニア生まれで後半生をベルギーを拠点として活躍したヴァイオリニスト。彼女の奏でるヴァイオリンには貴婦人のような優雅さが漂い、熱狂的なマニアがいる。1980年に初来日するとその素晴らしさが大きな話題となり、突如としてボベスコ・ブームが巻き起こった。このCDにはシュトゥットガルトでの放送用録音からベートーヴェンとバッハの協奏曲とヴィターリが収録されている。ことにベートーヴェンが素晴らしい。ボベスコの優美なヴァイオリンの調べは伸びやかに聞く者を包み幸福感を覚えさせる。モノラルながら録音も良い。meloclassicのすべてのCDに言えることだが、モノラル音源にステレオ・プレゼンスを付け加えるような余計な加工をすることなく、録音本来の音をそのままCDにしているのもありがたい。バッハとヴィターリも秀演。(資料提供:東武ランドシステム)

【収録内容】
《ローラ・ボベスコ 放送録音集》
[1]ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61
[2]バッハ:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 BWV1041
[3]ヴィターリ(ゲンティ編):シャコンヌ(管弦楽伴奏版)

【演奏者】
ローラ・ボベスコ(ヴァイオリン)
ハンス・ミュラー=クライ(指揮)シュトゥットガルト南ドイツ放送交響楽団

録音:[1]1960年6月10日、[2,3]1957年7月5日
西ドイツ,シュトゥットガルト 放送用スタジオ録音(モノラル)、71'18