ODE TO FREEDOM-BEETHOVEN: SYMPHONY NO.9 (BD)

LEONARD BERNSTEIN レナード・バーンスタイン

  • BLU-RAY
  • 新品在庫取寄せ
  • (2週間~1ヶ月後に発送)

4,950円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
EUROARTS
国(Country)
EU
フォーマット
BLU-RAY(ブルーレイ)
規格番号
2072034
通販番号
DIN191009-023
発売日
2019年10月30日
EAN
0880242720344
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★1989年11月9日、ベルリンの壁が崩壊されました。2019年は30周年に当たります。この映像は、1989年12月25日、ベルリンの壁が崩壊したことを記念した一大イベント、バーンスタイン指揮によるベートーヴェンの「第9」の演奏会が収録されています。すでに映像としてはリリースされていたものですが、30周年を記念してブルーレイ・ディスクで再登場します。 バーンスタインは、バイエルン放送交響楽団をメインに、合計6つの楽団(西ドイツ・東ドイツ、ドイツの東西分離のきっかけとなったアメリカとソ連、それに第二次大戦時のドイツの敵国イギリスとフランス)のメンバーにより特別に編成されたオーケストラを指揮し、これに東西ドイツの合唱団と東西ドイツ&英米のソリストが加わった豪華な布陣によるアンサンブルを指揮しています。さらにバーンスタインはここで、ベルリンの壁が崩壊したという歴史的事実を祝うために第4楽章の歌詞の"Freude(歓喜)"を"Freiheit(自由)"に変更して歌わせています。 ベルリンの壁開放は、現在では誤解がもとで実現したと言われています。東独の政府側が、市民の出国許可緩和を予定よりも早く発表してしまい、それがもとで国境が開放。壁のすぐ東側にあったブランデンブルク門には大勢の人々が押し寄せたといいます。 現在ではドイツ統一と平和・友愛の象徴として広く認知されているそのブランデンブルク門の前で、2019年8月ベルリン・フィルの新首席指揮者キリル・ペトレンコが「第9」を演奏。30年前の歴史的な出来事に思いをはせ、平和へのメッセ―ジを新たにするものとなるでしょう。 (資料提供:キングインターナショナル) 【収録内容】ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱」 【演奏者】ジューン・アンダーソン(ソプラノ) サラ・ウォーカー(メゾ・ソプラノ) クラウス・ケーニヒ(テノール) ヤン=ヘンドリンク・ローテリング(バス) バイエルン放送合唱団、ベルリン放送合唱団のメンバー、ドレスデン・フィルハーモニー児童合唱団、バイエルン放送交響楽団、シュターツカペレ・ドレスデンのメンバー、ニューヨーク・フィルハーモニックのメンバー、ロンドン交響楽団のメンバー、レニングラード・キーロフ劇場(現マリインスキー劇場)管弦楽団のメンバー、パリ管弦楽団のメンバー、レナード・バーンスタイン(指揮)、収録:1989年12月25日、旧東ベルリン、シャウシュピールハウス(現コンツェルトハウス)/ライヴ