• CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (2週間~1ヶ月後に発送)

9,075円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
WARNER CLASSICS
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
組数
24
規格番号
9029534951
通販番号
DIN191127-001
発売日
2020年01月24日
EAN
0190295349516
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

フィルハーモニア管弦楽団フィルハーモニア管弦楽団創立75周年記念限定生産BOX フィルハーモニア管弦楽団は、1945年に誕生して以来名声のある名前であり、旧EMIの伝説のプロデューサーであるウォルター・レッグによってEMIの録音のためのオーケストラとして設立されました。 世界的な偉大なアーティストらとの共演の歴史は、現在ワーナークラシックのカタログに数多くの画期的な録音が刻まれています。ここに収録されている音源は、1946年から1964年までの期間を対象としています。カラヤン、フルトヴェングラー、トスカニーニ、クレンペラー、ジュリーニ、カンテッリなどの名指揮者だけでなく、デニス・ブレインなどの首席演奏者の演奏にも光があてられています。オリジナル・マスターテープからリマスターされた音源によって収録されていますが、多くの音源が2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター音源が使用されています。 1952年9月29日と10月1日、前年に完成したばかりのロイヤル・フェスティヴァル・ホールで行われた、トスカニーニ指揮フィルハーモニア管弦楽団によるブラームス交響曲全曲演奏会は、ウォルター・レッグによって録音されましたが、トスカニーニがRCAの専属だったため商品化されず、マスターテープはレッグが所有していました。2000年にそのマスターテープからTESTAMENT社がリマスターした音源で収録(CD9-11)。 1958年4月7日、クレンペラー指揮によるR.シュトラウスの「ドン・ファン」「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」の、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴは、BBCが録音をしていたものを特別に初出音源として収録されています(CD14)。 現音楽監督のエサ=ペッカ・サロネン指揮による2018年9月にライヴ録音された「浄夜」も収録(CD23)。また4人の主要な指揮者とのフィルハーモニアの関係についての興味深い洞察を提供したインタビューが、CD24にボーナスディスクとして収録されています。初回限定生産盤となります。 (資料提供:ワーナーミュージック) 【収録内容】 《CD1》 1-3) シューマン:ピアノ協奏曲イ短調Op.54 [演奏]ディヌ・リパッティ(ピアノ)、ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)、 [録音]1948年4月9-10日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2013年、アビイロード・スタジオによる24bit/96kHzリマスター 4-5) シューベルト:交響曲第8番ロ短調D.759「未完成」 6-9) レスピーギ:交響詩「ローマの松」 [演奏]ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)、 [録音]1955年5月17-19日(4-5)、1958年1月10&13日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2013年、アビイロード・スタジオによる24bit/96kHzリマスター 《CD2》 1) ベートーヴェン:「エグモント」序曲Op.84 2-5) ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調Op.67 6-7) ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op.92 [演奏]ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)、 [録音]1951年2月28-30日(6-9)、1953年6月20日(1)、1954年11月9-10日、 ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2013年、アビイロード・スタジオによる24bit/96kHzリマスター 《CD3》 1) R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」Op.20 2-5) バルトーク:弦楽と打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106 6-8) シベリウス:交響曲第5番変ホ長調Op.82 [演奏]ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)、 [録音]1949年11月29-30日(2-5)、1951年12月4日(1)、1960年9月20-21&23日、 ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2013年、アビイロード・スタジオによる24bit/96kHzリマスター 《CD4》 1-2) ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』より「前奏曲」「愛の死」 3-8) ワーグナー:『神々の黄昏』より「ブリュンヒルデの自己犠牲」 [演奏]キルステン・フラグスタート(ソプラノ)、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮) [録音]1952年6月10-22日(1-2)、1952年6月22日(3-8)、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 9-12) マーラー:さすらう若者の歌 [演奏]ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)、 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮) [録音]1952年6月24-25日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 13-16) R.シュトラウス:4つの最後の歌 [演奏]キルステン・フラグスタート(ソプラノ)、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮) [録音]1950年5月22日、ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホール(ライヴ) [音源]2007年、アセテート盤からのTESTAMENT社による16bit/44.1kHzリマスター 《CD5》 1-3) ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調Op.73「皇帝」 [演奏]エドヴィン・フィッシャー(ピアノ)、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)、 [録音]1953年2月19-20日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 4-6) バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Sz.112 [演奏]ユーディ・メニューイン(ヴァイオリン)、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)、 [録音]1953年2月19-20日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD6》 1-4) メンデルスゾーン:交響曲第4番イ短調Op.90「イタリア」 5-8) シューマン:交響曲第4番ニ短調Op.120 9-12) モーツァルト:音楽の冗談 K.522 [演奏]グィード・カンテッリ(指揮) [録音]1953年5月15&21日(5-8)、1955年8月13&16日(1-4)、1955年8月18日(9-12) ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD7》 1-4) ブラームス:交響曲第3番ヘ長調Op.90 [演奏]グィード・カンテッリ(指揮) [録音]1955年8月8, 9, 12, 16, 18日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 5) 幻想序曲「ロメオとジュリエット」 [演奏]グィード・カンテッリ(指揮) [録音]1955年10月13日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 6) ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ [演奏]グィード・カンテッリ(指揮) [録音]1952年10月24-25日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 7-9) ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲 [演奏]グィード・カンテッリ(指揮) [録音]1955年6月4&6日、1956年5月28日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD8》 1) ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲 2-3) ドビュッシー:2つの夜想曲 4-6) ドビュッシー:海 7-10) 交響的断章「聖セバスティアンの殉教」 [演奏]グィード・カンテッリ(指揮) [録音]1954年6月4&8日(7-10)、1956年5月8&9日(1)、1954年9月13&14日(4-6)、 1955年8月3, 4&6日(2-3)、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 11) デュカス:魔法使いの弟子 [演奏]グィード・カンテッリ(指揮) [録音]1954年6月1日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD9》 1) 英国国歌 2) ブラームス:悲劇的序曲Op.81 3-6) ブラームス:交響曲第1番ハ短調Op.68 [演奏]アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮) [録音]1952年9月29日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(ライヴ) [音源]2000年、TESTAMENT社による16bit/44.1kHzリマスター 《CD10》 1-4) ブラームス:交響曲第2番ニ長調Op.73 5) 英国国歌 6-15) ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲Op.56a [演奏]アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮) [録音]1952年9月29日(1-4)、1952年10月1日(5-15) ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(ライヴ) [音源]2000年、TESTAMENT社による16bit/44.1kHzリマスター 《CD11》 1-4) ブラームス:交響曲第3番ヘ長調Op.90 5-8) ブラームス:交響曲第4番ホ短調Op.98 [演奏]アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮) [録音]1952年10月1日(5-15)、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(ライヴ) [音源]2000年、TESTAMENT社による16bit/44.1kHzリマスター 《CD12》 1-4) チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調Op.48 [演奏]パウル・クレツキ(指揮) [録音]1952年7月8-10日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 5-9) ベルリオーズ:幻想交響曲Op.14 [演奏]アンドレ・クリュイタンス(指揮) [録音]1952年7月8-10日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2017年、Studio Art & Sonによる24bit/96kHzリマスター 《CD13》 1-4) ウォルトン:交響曲第1番変ロ短調 [演奏]ウィリアム・ウォルトン(指揮) [録音]1951年10月17-19日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 5-6) ウォルトン:ヴィオラ協奏曲 [演奏]ウィリアム・プリムローズ(ヴィオラ)、ウィリアム・ウォルトン(指揮) [録音]1946年7月22-23日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 8) ウォルトン:行進曲「宝玉と勺杖」 [演奏]ウィリアム・ウォルトン(指揮) [録音]1953年3月18日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD14》 1-4) モーツァルト:セレナード第13番ト長調K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 5-8) モーツァルト:交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」 [演奏]オットー・クレンペラー(指揮) [録音]1954年10月5-6日 & 11月21日(5-8)、1956年3月25日(1-4) ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 9) R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」Op.20(※初出) 10) R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」Op.28(※初出) [演奏]オットー・クレンペラー(指揮) [録音]1958年4月7日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(ライヴ) [音源]BBC録音プライベート所有テープ 《CD15》 1-4) ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱」 [演奏]オーゼ・ノルドモ=レフベルイ(ソプラノ)、クリスタ・ルートヴィッヒ(メゾ・ソプラノ) ワルデマール・クメント(テノール)、ハンス・ホッター(バリトン) フィルハーモニア合唱団、オットー・クレンペラー(指揮) [録音]1957年10月30-31日、11月21-23日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 5) クレンペラー:メリー・ワルツ [演奏]オットー・クレンペラー(指揮) [録音]1961年10月31日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD16》 1-4) マーラー:交響曲第4番ト長調 [演奏]エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)、オットー・クレンペラー(指揮) [録音]1961年10月6-8, 10&25日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2012年、アビイロード・スタジオによる24bit/96kHzリマスター 5-11) クルト・ヴァイル:小さな三文音楽 [演奏]オットー・クレンペラー(指揮) [録音]1961年10月31日、12月2日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD17》 1-5) ビゼー:小組曲「子供の遊び」 6) ムソルグスキー(R=コルサコフ編):禿山の一夜 7-10) チャイコフスキー:交響曲第2番ハ短調Op.17「小ロシア」 11) ラヴェル:道化師の朝の歌 [演奏]カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮) [録音]1956年10月2&10日(1-5)、1956年10月8日(6)、1956年9月27-29日(7-10)、 1958年6月4日(11)、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 12) フランク:交響詩「プシュケ」より「プシュケとエロス」 [演奏]カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮) [録音]1958年5月31日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD18-19》 1) ヴェルディ:レクイエム [演奏]エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)、 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)、ニコライ・ゲッダ(テノール)、 ニコライ・ギャウロフ(バス)、フィルハーモニア合唱団 カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮) [録音]1963年9月16-21,23-27日、1964年4月7日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 2) ヴェルディ:聖歌四篇 [演奏]ジャネット・ベイカー(メゾ・ソプラノ)、カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮) [録音]1962年12月10-13日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 8) ロッシーニ:歌劇「タンクレーディ」序曲 9) ロッシーニ:歌劇「アルジェのイタリア女」序曲 10) ロッシーニ:歌劇「ブルスキーノ氏」序曲 11) ロッシーニ:歌劇「絹のはしご」序曲 [演奏]カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮) [録音]1964年4月1-3日(8)、1959年6月9日(9)、1959年5月9日(10)、 1959年11月21&24日(11)、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD20》 1) J.シュトラウス2世:喜歌劇「ヴェネツィアの一夜」序曲(コルンゴルト編) 2) ホイベルガー:喜歌劇「オペラ舞踏会」より「別室へ行きましょう」 3) ツェラー:喜歌劇「坑夫長」より「気を悪くしないで」 [演奏]エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ:2-3)、オットー・アッカーマン(指揮) [録音]1954年5月25-31日(1)、1957年7月4-5日(2-3)、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 4) スッペ:喜歌劇「幸福の旅路」序曲 5) ワルトトイフェル:ワルツ「ポモーヌ」 6-13) マックス・シェーンヘル:オーストリア舞曲 [演奏]ヘンリー・クリップス(指揮) [録音]1956年1月5-6日(4)、1956年1月9-10日(5)、1958年1月3-6日、 ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 14-23) J.シュトラウス2世(ドラティ編):バレエ音楽「卒業記念舞踏会」 [演奏]チャールズ・マッケラス(指揮) [録音]1961年4月17&20日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD21》 1-4) グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」より 「チェルノモールの行進曲」「東洋の踊り」(※初CD化) [演奏]ニコライ・マルコ(指揮) [録音]1950年12月3日(1-2)、1952年1月21日(3-4)、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 9-18) ドホナーニ・エルネー:組曲嬰ヘ短調Op.19 (※初CD化) [演奏]ロバート・アーヴィング(指揮) [録音]1956年10月22-27日(5-8)、1954年6月2-3日(9-18)、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 19-24) R.シュトラウス: F.クープランのクラヴサン曲による舞踏組曲AV.107 [演奏]アルトゥール・ロジンスキ(指揮) [録音]1958年3月7日(5-8)、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD22》 1) マスネ:タイスの瞑想曲 [演奏]マヌーグ・パリキアン(ヴァイオリン)、ジョージ・ウェルドン(指揮) [録音]1951年7月3日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 2-4) R.シュトラウス:ホルン協奏曲第2番変ホ長調AV.132 [演奏]デニス・ブレイン(ホルン)、ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮) [録音]1956年9月21-23日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 5) ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲 [演奏]ガレス・モリス(フルート)、イーゴリ・マルケヴィチ(指揮) [録音]1954年6月3日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 6-9) ショスタコーヴィチ:ピアノとトランペット、弦楽合奏のための協奏曲ハ短調Op.35 [演奏]シューラ・チェルカスキー(ピアノ)、ハロルド・ジャクソン(トランペット)、 ハーバート・メンゲス(指揮) [録音]1954年11月16日、ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 10-15) バーバー:バレエ組曲「思い出(スーヴェニール)」Op.28 [演奏]シドニー・サトクリフ(オーボエ)、ガレス・モリス(フルート)、 バーナード・ウォルトン(クラリネット)、セシル・ジェームス(バソン)、 デニス・ブレイン(ホルン)、ハロルド・ジャクソン(トランペット)、 アルフレート・フラシンスキ(トロンボーン)、エフレム・クルツ(指揮) [録音]1955年3月25日、5月4日、ロンドン、キングズウェイ・ホール [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 《CD23》 1-14) ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」 15-20) サティ:バレエ音楽「パラード」 [演奏]イーゴリ・マルケヴィチ(指揮) [録音]1959年1月10, 12, 13日&2月17日(1-14)、1954年5月12日(15-20) ロンドン、アビイロード・スタジオ [音源]2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター 21-25) シェーンベルク:浄められた夜 Op.4(※初出) [演奏]エサ=ペッカ・サロネン(指揮) [録音]2018年9月30日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(ライヴ) [音源]BBC 《CD24:ボーナスディスク》 1) カラヤンとフィルハーモニア管弦楽団の回想 2) カンテッリとフィルハーモニア管弦楽団の回想 3) クレンペラーとフィルハーモニア管弦楽団の回想 4) ジュリーニとフィルハーモニア管弦楽団の回想 [出演]ヒュー・ビーン、ヒュー・マグワイア、ジョン・ミーク、アーサー・ウィルソン、 ガレス・モリス、ジョン・ケーヴ、ジリアン・イーストウッド、マーティン・ジョーンズ、 ベイジル・チャイコフ、アントニー・タンストール、ロード・ハーウッド、 【演奏】フィルハーモニア管弦楽団 ※トラック順は、変更される場合がございます。ご了承ください。