BRUCKNER: SYMPHONY NO.9 (SACD)

DANIELE GATTI ダニエレ・ガッティ

SACDハイブリッド盤

  • CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (2週間~1ヶ月後に発送)

2,640円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
RCO LIVE
国(Country)
NED
フォーマット
SACD
規格番号
RCO18008
通販番号
DIN191127-011
発売日
2019年12月19日
EAN
0814337018627
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

SACDハイブリッド盤

★2018年1月録音のダニエレ・ガッティ指揮コンセルトヘボウ管によるブルックナーの交響曲第9番。この第9交響曲は、終楽章が未完のままで1896年にブルックナーは亡くなっています。第4楽章を補筆完成した録音もありますが、今回ガッティが演奏したのは第3楽章まで。コンセルトヘボウ管によるブルックナー演奏といえば、第3代首席指揮者のベイヌム以来、ヨッフム、ハイティンクと、脈々と受け継がれてきた伝統はよく知られるところでもあり、2014年3月にライヴ収録されたヤンソンスとの録音は(RCO.16001/KKC.5678)、名門に培われたゆたかな流れを汲みつつ、ヤンソンスが取り組んできたコンセルトヘボウ管とのたしかな成果をあらためて感じさせるものでした。 ガッティは、「愛する神に」捧げられたこの未完の大作を、遅めのテンポ設定による正統派的解釈、弦や金管の重厚な響きを生かした奥行きのある録音とあいまって、感動的なものに仕上げています。またカップリングには、同じくワーグナー最後の作品「パルジファル」より前奏曲と聖金曜日の音楽を収録。バイロイト音楽祭でも度々指揮をしてきたガッティだけに、期待通りの素晴らしい演奏を聴かせてくれます。 (資料提供:キングインターナショナル)
 
【収録内容】
[1]ワーグナー: 舞台神聖祭典劇「パルジファル」より第3幕への前奏曲 / 第3幕 聖金曜日の音楽
[2]ブルックナー: 交響曲第9番 ニ短調(I.26'51 II.11'29 III.23'49)

【演奏者】
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ダニエレ・ガッティ(指揮)

録音:2018年1月5,7日、アムステルダム、コンセルトヘボウ(ライヴ)

ソングリスト

  • 1. WAGNER:"PARSIFAL"-PRELUDE TO ACT3 & Karfreitagszauber (Good Friday Music)
  • 2. BRUCKNER:SYMPHONY NO.9 IN D MINOR