ラフマニノフ:交響曲 第2番 / モシュコフスキ: 組曲「諸国から」

KOSUKE TSUNODA 角田鋼亮

  • CD
  • 予約

3,240円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
オクタヴィア・レコード
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
OVCL-00701
通販番号
XAT-1245714870
発売日
2019年08月21日
EAN
4526977007010
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※こちらの商品は【2019年8月21日発売】と告知されておりますが、流通経路の都合により弊社からの発送は入荷日(発売日)以降となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※発売予定日直前のご予約・ご注文は、商品確保・お届けが大幅に遅れる場合がございます。
※制作上の都合により発売日が変更となる場合がございます。


渾身のサウンドが響く、新時代の幕開け。

新進気鋭の指揮者・角田鋼亮とセントラル愛知交響楽団は、2005年の初共演から幾度も 共演を重ね、関係性を深めてきました。当盤は、常任指揮者就任記念という、ひとつの節 目を飾るコンサートの録音。プログラムは、「様々な時代、国々やスタイル」の作品を紹介 したいという想いからモシュコフスキの組曲、そしてセントラル愛知響の美点が発揮される ロシア音楽が選ばれました。ロマンティシズム溢れる歌心と駆け抜けるようなエンディング の迫力は、今後の彼らの活躍を予感させる響きといえるでしょう。 新たなタッグがスタートを切った記念すべきライヴを、ぜひお聴きください。
(オクタヴィア・レコード)

角田鋼亮 (指揮) Kosuke TSUNODA
東京芸術大学大学院指揮科修士課程並びにベルリン音楽大学国家演奏家 資格課程修了。第3回ドイツ全音楽大学・指揮コンクールで最高位を獲得。 カラヤン生誕100周年記念の第4回ドイツ全音楽大学指揮コンクール第2位 入賞。ドラマ『新春スペシャル・のだめカンタービレ』においては千秋真一役 の指揮指導を務めた。 現在、セントラル愛知交響楽団常任指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽 団および仙台フィルハーモニー管弦楽団においても指揮者のポジションを務 めている。いま日本で最も期待される若手指揮者の一人として活躍の場を 拡げている。 【オフィシャルサイト】 http://kosuketsunoda.com

セントラル愛知交響楽団
1983年ナゴヤシティ管弦楽団として発足。岩倉市の事業補助を受け1997年に現名称に改名の後、 2009年4月一般社団法人となる。2019年4月から常任指揮者に角田鋼亮が就任。2015年半田市と音楽 文化振興の協定を締結。1996年「平成7年度愛知県芸術文化選奨文化賞」、2005年「平成16年度名古 屋市芸術奨励賞」受賞。

【収録内容】
ラフマニノフ:交響曲 第2番 ホ短調 作品27
モシュコフスキ:組曲「諸国から」 作品23

【演奏者】
角田 鋼亮(指揮) セントラル愛知交響楽団

2019年4月22日 愛知県芸術劇場コンサートホールにてライヴ収録