VERDI: UN BALLO IN MASCHERA

CLAUDIO ABBADO クラウディオ・アバド

1986年ライヴ

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

4,235円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
ORFEO
国(Country)
GER
フォーマット
CD
規格番号
C907162DR (C907162I)
通販番号
XATW-00141969
発売日
2016年04月01日
EAN
4011790907222
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

パヴァロッティ、カプッチッリ、レヒナー
アバド&ウィーン国立歌劇場の「仮面舞踏会」(1986)


1963年、27歳でウィーンにデビューしたパヴァロッティは『愛の妙薬』のネモリーノから『トスカ』のカヴァラドッシまで幅広いレパートリーで聴衆を魅了しました。
パヴァロッティの『仮面舞踏会』といえば、1983年にショルティが指揮するナショナル・フィルハーモニー管弦楽団をバックに、マーガレット・プライス、レナート・ブルゾンらと共演したスタジオ録音が広く知られています。このライヴ録音はその3年後の演奏で、この年にウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任したばかりのアバドの流麗な指揮とともに、実に劇的な歌唱を聴かせています。共演者にも注目。この公演の初日は、ショルティ盤と同じくアメーリアをマーガレット・プライスが歌ったのですが、2日目の公演では当時25歳のガブリエーレ・レヒナーが代役として登場、様々な重圧にもめげず、堂々たる歌唱を披露しました。また占い師ウルリカ役のシェムチュクの迫力ある声、そしてなんと言ってもレナート役のカプッチッリの嫉妬深さを全面に出した濃い歌唱は、他の追随を許しません。この演奏は当時のウィーンでテレビ放送もされ、多くの視聴者を魅了したことでも知られています。(資料提供:ナクソス・ジャパン)

【収録内容】
ヴェルディ:歌劇『仮面舞踏会』全曲

【演奏者】

グスタフ3世:
ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール)
レナート:ピエロ・カプッチッリ(バリトン)
アメーリア:ガブリエーレ・レヒナー(ソプラノ)
ウルリカ:ルドミラ・シェムチュク(メゾ・ソプラノ)
オスカル:マグダ・ナドール(ソプラノ)
クリスティアーノ:ゲオルク・ティッヒ(バリトン)
ホーン伯爵:フランコ・デ・グランディス(バス)
リッビング伯爵:ゴラン・シミック(バス)
判事:アレクサンダー・マリ(テノール)
アメリアの召使:フランス・ケーゼマン(テノール)
ウィーン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
クラウディオ・アバド(指揮)

【録音】
1986年10月26日
ウィーン国立歌劇場におけるライヴ