バルビローリの名盤2タイトルがLP化

  • CLASSIC
  • ニュース
  • 2018.12.21

    • LINE

    • メール
    バルビローリが名門オーケストラと遺した、誰もが知る名盤中の名盤2タイトルがLP化されます。ひとつはベルリン・フィルとのマーラー:交響曲第9番、もうひとつはウィーン・フィルとのブラームス:交響曲全集です。
    マーラーでは、共演したベルリン・フィルのメンバーが感激して録音を申し出たというエピソードが有名ですが、その後TESTAMENTで正規CD化されたライヴ音源のマーラー(2番、3番、6番)でも両者の相性の良さは裏付けられています。
    ブラームスは、いずれの曲もほぼ録り直しをしなかったという、ライヴ感と歌心が豊かな演奏です。

    いずれも収録から半世紀以上の時間を経ていますが、今なお輝きを失っていない稀有の音盤を、是非アナログレコードで体感してください。 (©ディスクユニオン)

    ★画像をクリックすると、別タブまたは新規ウィンドウで商品ページを表示します。
    マーラー:交響曲第9番(2LP、9029.554257)


    ブラームス:交響曲全集(4LP、9029.561189)


    ※入荷数には限りがあります。
    ※発売直前のご予約お申込みの場合、商品確保が大幅に遅れる場合がございます。また、限定生産品は確保できない場合もございます。予めご了承ください。
    ※制作上の都合により、発売時期、ジャケットデザイン、収録曲が変更となる場合がございます。
    ※WEBからの発送は入荷日以降となります。
    ※制作元完売の際は何卒ご容赦ください。