11月4日発売予定 【輸入盤LP】アンネ=ゾフィー・ムター&パブロ・フェランデス / ブラームス:二重協奏曲/クララ・シューマン:ピアノ三重奏曲(2LP)

  • CLASSIC
  • ニュース

2022.09.23

  • LINE

  • メール

ヴァイオリンの女王と気鋭のチェリストとのドッペル・コンチェルト
アンネ=ゾフィー・ムター&パブロ・フェランデス/ブラームス:二重協奏曲/クララ・シューマン:ピアノ三重奏曲(2LP)

ヴァイオリンの女王アンネ=ゾフィー・ムターとスペインが生んだチェロの新鋭パブロ・フェランデスとの初共演アルバム。
ムターは、フェランデスの並外れた才能を早い段階で見出し、「真に特別な人」と称賛、2018 年に「Mutter’s Virtuosi」のチクルスに招待するなど共演を重ねてきました。そしてついにレコーディングでも共演が実現。曲目は、ブラームスの二重協奏曲とクララ・シューマンのピアノ三重奏曲。
ブラームスはムターにとってカラヤン&ベルリン・フィルとの1983年録音以来の約40年ぶりの再録音、クララの作品はメジャー・アーティストによる初録音になります。
ムターはクラシックの名門レーベル、ドイツ・グラモフォンの専属アーティストで、他社にレコーディングするのは極めて異例のことです。
それほどフェランデスを評価していることの証しでしょう。まるでクララとブラームスのような深い友情に結ばれた二人の演奏は、作品の持つ魅力を高い技術力と音楽性で見事に表現しています。
(ソニー・ミュージック)