韓国C&L MUSIC、クラシックLP 5タイトルをリリース

  • CLASSIC
  • ニュース
  • 2017.10.11

    2017.10.11

    UNIVERSALなどのライセンス音源によるLP化を多数おこなっている韓国のレーベル、「C&L MUSIC」が、11月に一挙5タイトルをリリースします。

    カラヤン最後のブラームス交響曲全集が初のBOX化。ベルリン・フィルとの関係が次第に悪化するなかで録られた当盤からは、両者の険悪な雰囲気などは見られず、カラヤン晩年の枯淡の境地とも言える味わいのある演奏が聴けます。

    ムラヴィンスキー&レン・フィルによる1960年の欧州楽旅の途上「西側」で録音されたチャイコフスキーの後期交響曲集は、50年以上を経た今なお聴きてに強烈な印象を与える凄演です。

    マイスキーのシューベルト・アルバムは、歌曲をチェロで演奏するという大胆な試みがウケて好セールスを記録し、その後CDは何度も再販されました。最後にアルペジオーネ・ソナタを収録しています。

    世界が認めたモーツァルティアン・内田光子のモーツァルト:ソナタ全集からの1枚、第11番&第12番と幻想曲ニ短調のカップリング。

    そして南西ドイツ放送(SWR)のアーカイヴから、先にCDでも発売されていたイダ・ヘンデルのチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(モノラル録音)。SWR音源のLP化シリーズはいずれも好評で、過去にリリースしたタイトルはほとんどが完売しております。

    いずれもWEBへの入荷数には限りがございますので、お早めのご予約・ご購入をおすすめいたします。




    韓国C&L MUSIC・2017年11月発売5タイトル
    限定生産アナログレコード
     カラヤン
    &ベルリン・フィル

    ブラームス:
    交響曲全集
    品番:DG43073 (4LP)
    ムラヴィンスキー
    &レニングラード・フィル

    チャイコフスキー:
    後期交響曲集
    品番:DG43092 (3LP) 
    マイスキー 
    &D.オヴォラ

    チェロで奏でる
    シューベルト名曲集

    品番:DG43080 (2LP)
    内田光子
    モーツァルト:
    ピアノ・ソナタ集
    第11番&第12番ほか
    品番:DD43075 
    イダ・ヘンデル 
    チャイコフスキー:
    ヴァイオリン協奏曲
    品番:CNLR1635