高品位録音をUHQ-CDで楽しむレーベル「ACOUSTIC REVIVE」始動!

  • CLASSIC
  • ニュース
  • 2017.10.30

    2017.10.30

    高級ケーブルメーカーとして名高いACOUSTIC REVIVE(アコースティック・リヴァイヴ)が世界的演奏家の演奏をトーンマイスターと組んで海外の良質な音響空間にて収録し、演奏と音質を高次元に融合させた最高峰のハイレゾ音源を提供するクラシック専門レーベル『ACOUSTIC REVIVE』が創設されました。

    ACOUSTIC REVIVEではこれまで新垣隆と小池ストリングスのDSD11.2Mhzのシューベルト「ます」などをリリースしていましたが、演奏と音質を高次元に融合させた最高峰のハイレゾ音源を提供するクラシック専門レーベルとして正式に発足しました。
    録音には勿論ACOUSTIC REVIVEのケーブル、アクセサリーがフルに使用され、電源ケーブルや電源BOX、ラインケーブルはもちろん、マイクケーブルまでも全てACOUSTICREVIVEの高級ケーブルが使用され、これまでにない超高音質を実現しているとのことです。
    さらには、どのCDプレーヤーでも再生可能で、高音質を目指した「ハイ・クオリティCD」(HQ-CD)を一歩進めた「UHQ-CD」をフォーマットに使用しています。

    レーベルでは、このUHQ-CDによるアルバムを3タイトル発売します。リュート奏者の野入志津子、リコーダー奏者・古楽指揮者のパトリック・デネッカー、ピアニストの福原彰美が登場。いずれも世界的に活躍する音楽家たちです。デネッカーは古楽アンサンブル「リチェルカール・コンソート」の録音に多数参加しているものの、現在入手できるソロ名義のアルバムは非常に少なく、久しぶりの録音となりました。彼らの高品位録音が新録音で聴けるのは嬉しいかぎりです。

    ACOUSTIC REVIVE ホームページ ⇒ http://acousticrevive.jp/