J.ウィリアムズのウィーン・フィル ・デビュー! 楽都の名ホールで繰り広げられたスペクタクル・ワールド!

  • CLASSIC
  • ニュース

2020.05.21

  • LINE

  • メール
映画音楽の巨匠、ジョン・ウィリアムズ(1932-)が、名門ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を初めて指揮した自作自演コンサートが、今夏発売決定!

公開されている「帝国のマーチ」の映像からもわかるように、収録当時87歳のジョン・ウィリアムズは年齢をまったく感じさせない矍鑠(かくしゃく)とした指揮ぶりで、ウィーン・フィルもノリノリで演奏しています。また、ヴァイオリン界の女王、ムターも登場し、華麗なるソロを聴かせます。

オーケストラ音楽好きが座右に置くべき、2020年最大の話題作と言っても過言ではないでしょう。

これらは3つの仕様で発売されることになっており、CD、LPとブルーレイディスク(映像)は収録曲数・収録順が異なります。   (©ディスクユニオン)


▼ウィーン・フィルを指揮するジョン・ウィリアムズ
クリックすると、「帝国のマーチ」ライヴ映像が別タブまたは新規ウィンドウで開きます。
※Google Chrome等での再生を推奨いたします