UNWIND

TAKUMI KANEKO 金子巧

cro-magnonのキーボーディストによるピアノソロ・アルバム / 180g重量盤+CD付属の300セット限定

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

2,750円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 限定品
  • 試聴可能
レーベル
JAZZY SPORT
国(Country)
JPN
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
JSV166
通販番号
1006763534
発売日
2015年06月26日
EAN
2299990064209
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

MITSU THE BEATSや松浦俊夫も絶賛!! cro-magnonのキーボード・プレイヤーであるTakumi Kanekoが、2013年にリリースしたピアノ・ソロ・アルバム『Unwind』が、フルアートワークJKT付き180g重量盤ヴァイナル+CDの仕様で、限定300セット・リリース!!

cro-magnonのキーボード・プレイヤー、Takumi Kaneko待望のソロ作『Unwind』。 cro-magnonのステージ上ではエネルギッ シュな演奏/パフォーマンスで知られているが、ソロ作は、自身のルーツであるピアノのみで紡がれた、正真正銘の『ピアノ・ソロ作品』を完 成させた。自身が作曲を手がけたオリジナル楽曲の1曲1曲を表現豊かに、そして丁寧に演奏していくこと で、ピアノの旋律が持つ奥深さと、『音楽家』=Takumi Kanekoのあり方を感じる。と同時に、リスナーはアルバムを聴き進めることによって、知らず知らずのうちに癒さ れ、励まされていくことであろう。シンプルだからこそ長きに渡り聴き続けられる全15曲。かねてより多くのファンが発売を望んでいたTakumi Kanekoソロ作品『Unwind』。一人でも多くの方に聴いてもらいたい作品です。


- Takumi Kaneko Profile -
cro-magnon、Jazzysport所属。
生まれた時より音楽に親しみ、幼少から本格的にピアノを習い始める。 高校卒業後、音楽短大へ進学。音楽理論の基礎を学ぶ。 その後、ジャズピアニストを目指しバークリー音楽院 へ進学。あらゆるジャンルを学ぶが、Hip-Hopとの出会いにより全ての音楽に境界は無いと開眼し、その後の音楽活動に多大な影響を及ぼ す。 99年の帰国、Loop Junktionでの活動後、Dr&Per:大竹重寿、G&B:コスガツヨシと共にcro-magnonを結成。これまでに11枚のアルバム (Best盤・Live盤を含む)をリリース。 共演アーティストとしては、土岐麻子、Roy Ayers、松浦俊夫、須永達夫、七尾旅人、Twigy、鎮座DOPENESS、加藤ミリヤ、Steve Spacek、元晴(SOIL&"PIMP"SESSIONS)タブゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS)、さかいゆう、 PSG、吉幾三、有坂美香、GAGLE、三宅洋平、等と作品を残す。 その他ソロでの作品参加・共演では、森俊之、タケウ チカズタケ(A Hundred Birds)、沼沢尚、JUJU、COMA-CHI、Budamunk 、加藤ミリヤ、JUNE、DACHAMBO、DJ KENSEI、椎名純平、Keyco、勝井祐二、鈴木勲、DJ Mitsu the Beats、東田トモヒロ、松田聖子、モンキーマジックとの共演など、ソ ロ・アーティストとしての活動も多岐に渡る。


-推薦コメント-
「もし無人島に持って行くならこれを選びます。琴線に触れられまくりの 珠玉の15曲!Takumi Kaneko ワールド全開です。癒しを求める全ての人に聴いてほしい。」
DJ Mitsu the Beats

「狂騒の夜を駆け抜け、迎えた新しい1日のはじまりのサウンド・トラッ ク。 It's a new dawn It's a new day It's a new life For me And I'm feeling good.」
松浦俊夫

「ピアノ一本で、シンプルな生活にバッチリはまる心地いい音です。」
Budamunk

「時にはビル・エヴァンスのように、時にはクロード・ドビュッシーのよ うに、そしてセロニアス・モンクのように、その自在なタッチと音色に正直驚いた。彼のソ ロ・アコースティック・ピアノ演奏を初めて耳にしたが、その繊細で色彩豊かなタッチは本物である。キーボード・プレイヤーとしてだけでなくピアニストとし ても有能であることを証明した見事なアルバムだと言える。まるでECMのレコード盤を聴いているような感覚。タクちゃんのデリケートでロ マンティックな一 面が味わえる秀逸な一枚。」
森俊之

「ジャズでありクラシックでありクラブミュージックであるピアノアルバ ム。繊細であり大胆。様々なエッセンスが彼の指からピアノを通して発せられる。たったひとりでピアノに向かって、鍵盤を優しく「押す」姿 が、聞いていると浮かんでくる。」
菊地 崇(Lj編集長)

ソングリスト

  • A1. this world today
  • A2. Dreams
  • A3. open the galaxy
  • A4. somewhere
  • A5. G.O.A.T
  • A6. unwind
  • A7. L.E.S
  • B1. love lost
  • B2. glow
  • B3. radio taiso 2075
  • B4. garden
  • B5. I said so
  • B6. dawn
  • B7. perspective
  • B8. peace & love