しくじるなよルーディー

二木信

  • BOOK
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,420円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
スペースシャワー・ブックス
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
通販番号
121115HH042
発売日
2013年01月18日
EAN
9784906700707
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

この10年、日本のヒップホップを追いつつも、素人の乱のメンバーとしての政治活動、そしてデモでの2度の逮捕による新聞報道などをふくめ、意識してか無意識なのかこの国のストリートを可視化させている気鋭の音楽ライター、二木信の初の単著にして時代をとらえたドキュメント性のある1冊。

国内ヒップホップ最新レヴュー(60タイトル)も収録予定!

世知辛い時代を生き抜いている都市型コミューン「素人の乱」での奇想天外なデモやアクションや脱原発運動などへの関わりと音楽への視線...これらは二木信のなかでどう交差するのか、はたまた葛藤するのか?縦横無尽に闊歩する街路の達人の、ファンキーでイマジネイティブな評論集!

出し惜しみなく現在絶賛執筆中!!


◆しくじるなよ、ルーディ―

序章 書き下ろし(5000w)

・第一章
日本のヒップホップの逆襲
BLACKTERROR@渋谷clubasia
ストリートの不良が志向するアヴァンギャルドの凄み
Bガールの逆襲 Return Of The B-GIRL
B.I.G. JOE『RIZE AGAIN』
ランキン・タクシー「原発ガッカリ音頭」論争から考える
2009年のブライテスト・ホープ、スラックとは何者か?_s.l.a.c.k.

・第二章
しくじるなよ、ルーディ(Rudie Can't Fail)
祭りの余波はまだ続く__サウンドデモに関するあれこれ
二分だけでいい、お前の噺をしてくれ
アンダーグラウンド・レジスタンスは九段下のグルーヴを巻き起こす!!
UR京都取材
敗戦記念日、靖国神社で……
プライマル論
MSCが描く逃走の線
MSC、ロング・インタヴュー
観光気分ならば来んでエエ(SHINGO西成)
SHINGO★西成 I・N・G
“民のドミノ”でひっくり返せ!!_沖縄アンダーグラウンド
PeaceMusicFesta!辺野古2010~辺野古の海から世界が見える~@名護市辺野古ビーチ
過去の記憶をつかまえるという抵抗のスタイル
平岡正明追悼文
共闘はいらない
田我流インタビュー
なんとかフェスレポート
お前はお前の祭りをご機嫌にやり続けるしかない!
音楽と反原発デモ――ついにデモで「再稼動反対!」と叫んだ

・第三章
志人『ジレンマの角 EP ~Horns of a Dilemma EP~』(2010)
killer-bong_インタヴュー(2008)
キラー・ボングインタビュー(2011)
THE LEFTY × Atsuhiro Ito × Fuyuki Yamakawa「live@asia」 ライナーノーツ
KILLER-OMA AT BLACK TERROR Isao Suzuki & Killer-Bong_コメント
降神が主宰する〈テンプルATS〉から新進気鋭のトラックメイカーがデビュー/ヤマーン『12 Seasonal Music』
Earth No Mad From SIMI LAB / MUD DAY
Haiiro De Rossi/ forte
KAIKOO Vol.10 -Independent祭2008→2009@渋谷club asia
DJ BAKUとジャップ・ラッパーたちの邂逅
コモン ライク・ウォーター・フォー・チョコレート

・第四章
「何かを追い求めたいわけじゃないが、追い求めてみたい」
アンダーグラウンドではなく、インディペンデント!!
シック・チームの魅力~マルチカルチュラル・ジャパニーズ・ラップ
MJPインタヴュー
SKUNK HEADS『ANTI-HERO』
鎮座dopeness 100%RAP
環ロイインタヴュー
ULTIMATE MC BATTLE 2006 JAPAN FINAL GRAND CHAMPIONSHIP “THE JUDGEMENT DAY”
PUNPEEという若き才能
PSG・サイエンス・フィクション(2012)

・ディスクレビュー600字*18
・ディスクレビュー 50本
・あとがき


■二木信
1981年、茨城県生まれ。共編著に『素人の乱』、共著に『ゼロ年代の音楽』(共に河出書房新社)など。『WEBRONZA』にて2012 年初頭から6月まで連載を担当。『ele-king』『ミュージック・マガジン』『サンデー毎日』『図書新聞』『朝日ジャーナル』等に寄稿。