• レコード
  • 売切
  • (注文不可)

3,740円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
LONDON CALLING
国(Country)
IMPORT
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
LCLPC5009
通販番号
RS18012913
発売日
2018年01月29日
EAN
5053792500932
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

67年TV放送用ライヴ音源が180グラム重量盤LP化!

67年2月27日、フィンランドはHELSINKI CULTURE HOUSE公演を収録。

若干18歳の天才STEVE WINWOODを抱え、当時UK一のビッグ・バンドとなっていた67年初頭のSPENCER DAVIS GROUP。白いRAY CHARLESと謳われたWINWOODの強烈なヴォーカルと黒人そのものと言われたR&Bグルーヴでヒットを連発したSDGの、WINWOOD脱退直前に行われた2月のスカンジナヴィア・ツアーより、フィンランド国営放送YLEの番組「VALMIINA PYORII (READY... TO SPIN!)」で放送された一夜が登場です。66年8月の3RD『AUTUMN '66』の"WHEN I COME HOME"、ELMORE JAMESカヴァー"DUST MY BLUES"、PRESLEYヴァージョンでもおなじみのブルース・クラシック"MEAN WOMAN BLUES"、MOTOWNヒット"TOGETHER 'TIL THE END OF TIME"、66年1月の2ND『THE SECOND ALBUM』からの"GEORGIA ON MY MIND"、WINWOOD/WINWOOD/DAVISの手によるヒット・シングル"GIMME SOME LOVIN'"に直近67年1月の最新シングル"I'M A MAN"と、 縦横無尽にその歌声を轟かせる若きSTEVE WINWOODのパフォーマンスはまさに天才そのもの。STEVEのハモンド、STEVEの兄MUFF WINWOODのうねるベース、SPENCER DAVISのギター、PETE YORKのドラムによるバンドの生み出す強靭な黒いグルーヴも凄いの一言。WINWOOD兄弟脱退直前の時期を記録した貴重なファン必聴のステージです。

1000枚限定盤。

ソングリスト

  • 1. Intro
  • 2. When I Come Home
  • 3. Dust My Blues
  • 4. Mean Woman Blues
  • 5. Band Interview
  • 6. Together Till The End Of Time
  • 7. I'm A Man
  • 8. Georgia On My Mind
  • 9. Gimme Some Lovin'
  • 10. Announcer
  • 11. I'm A Man (Reprise) > Gimme Some Lovin' (Reprise)