テキサスのファンク/ソウル/ラテン・バンド= Brownoutが、全編 Public Enemyの名曲をカバーしたアルバム『Fear Of A Brown Planet』からスペシャル7インチをカット!!

  • HIPHOP/R&B
  • ニュース
  • 2018.09.18

    • LINE

    • メール


    BROWNOUT / FIGHT THE POWER b/w BROTHERS GONNA WORK IT OUT 7"
    FAT BEATS RECORDS / US / 1,944円(税込) / 2018年9月21日発売予定

    名門 Ubiquity Recordsから「Brown Sabbath」名義で2枚のアルバムをリリースし、
    殿下 Princeのバックを務めた経歴もあるテキサスのファンク/ソウル/ラテン・バンド= Brownoutが、
    全編 Public Enemyの名曲をカバーしたアルバム『Fear Of A Brown Planet』からスペシャル7インチをカット!!


    A面は、1989年のSpike Lee監督のブラック・ムービー名作「Do The Right Thing」の主題歌としても知られる"Fight The Power"のJB'sライクな疾走系ファンク・カバー。B面は、同じく1990年の3rdアルバム『Fear Of A Black Planet』からの選曲となる"Brothers Gonna Work It Out"。Princeのギター・リフをサンプルしたバンギンなビートを渋目のミッド・ファンクに料理。アルバム本編には収録されなかった、この7インチが初お披露目となる未発表曲だ。 P.E.のリーダー Chuck Dを中心に巻き起こった、怒れるブラック・ピープルによる革命スピリット。そんな当時の雰囲気にインスパイアされたパワフルな演奏もさることながら、Brownout流の秀逸なアレンジが光るフロア仕様の厳選2トラックを収録。




     


    Brownout - "Brothers Gonna Work It Out" from Curtis Pollock on Vimeo.

    ※こちらのライヴヴァージョンは収録されておりません

    関連記事
    ファンクバンドBROWNOUTによる、“SHUT EM DOWN”、“FIGHT THE POWER”、”BRING THE NOISE”など全編怒涛のPUBLIC ENEMYカバーアルバムのCDとレコード!!
    説明不要のクラシック・ブレイク「Take Me to the Mardi Gras」と「Sandworms」が7インチカット!!
    NASの名作カバーの『ELMATIC』のコラボ再び!WILL SESSIONSとMC ELZHIとの最高のフューチャー・ファンク x ヒップホップ!