OTHERWHERE (LP)

DJ NATURE DJネイチャー

アナログ仕様マスタリングによるヴァイナル化! 海外カッティング/プレスによる2枚組DJユース仕様

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

5,940円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
JAZZY SPORT
国(Country)
JPN
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
JSV219/220
通販番号
1008693740
発売日
2023年10月14日
EAN
2299991274918
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

Jazzy SportよりCD/デジタルで2023年3月にリリースされたDJ NATUREの最新アルバム『OTHERWHERE 』が、新たにアナログ用マスタリングを施し、海外カッティング/プレスでの製造を敢行したDJフレンドリーな2枚組アナログ盤仕様で限定リリース!!

NYジャズシーンの実力派=鍵盤奏者Miles Lennox、サックス/フルート奏者Willie Williamsの二人が全面的に参加し、ジャズ、アフロ、ハウス、ビートダウン、ソウル、ディスコ/ブギーなどアフリカン・ルーツなサウンド・エッセンスが巡るDJ NATURE珠玉のサウンド・ジャーニー8TRKを収録。



ベース・バウンシーなパーカッシヴ・グルーヴに、ジャジーなキーボードやウォーミーなシンセが巡り幻想的なムードを広げるビートダウンタッチのA1「Synthetic Crisis」は交換からのエレピ・ソロも絶品。糸を引く様なハットにも耳奪われるロウでファットなビートに、マリンバ風のリフレインやシンセ・エレクトリックな音がリズミックかつファンタジックに巡るA2「Mbakwe」。

  身体に波打つボトムラインとミステリアスなキーボードのリフレインを心地よくもマッドに巡らせたBPM110前後のミッド・グルーヴに、フルート・ソロなどもFeatされていくB1「Joyous」。極太のベースラインうなるアフロセントリックでダブワイズなロウ・ブラック・マッド・ハウス・グルーヴに、ピアノとサックスをメインにしたジャズの世界も加わっていくB2「Follow Your Dreams」。
クラップ弾けるソウル/ディスコフィーリングなスロー・ハウス・グルーヴに、スポークンワード、ソロも交えたギターやフルート・プレイなどが巡るC1「 Cosmic Assignment 」。コズミックなシンセ/キーボードの重なりと巡りが幻想的な世界を描き広げるアフロ・パーカッシヴなディープTRK C2「It’s Up To You 」。
ライブ感溢れるベースラインの動きも艶やかでグルーヴィーなブギー・ソウル/ディスコD1「Drifting In The Foam」は中盤からのピアノ・ソロもスリリング。ベースライン太く脈打つキック&ハット・グルーヴに、 スポークンワード、キーボード、パーカッション、フルート…と重なり巡りながらアフロ・ミスティックなサウンドスケープを描いていくD2「Sleep Talk」。

CD/デジタル・ヴァージョンとはまた違うサウンド・エクスペリエンスがここに。





デトロイトのビートダウンサウンドと共振
2014年にJazzy Sportからリリースした『Let The Children Play』以来、9年ぶりとなるDJ Natureのフルアルバム『Otherwhere』が、アナログ2LPでリリース。近年は日本のレーベルSound Of SpeedからKuniyukiとのコラボレーションEPをリリースしたり、ブリストルのレーベルFutureboogie RecordingsからソロEPをリリースしたりするなど、アナログレコードのフォーマットでコンスタントに作品を発表してきたDJ NATURE。Jazzy Sport Productionの2023年第一弾となる本作では、アフロ、ジャズ、ソウル、ラテン、ダブなどアフリカン・ルーツを中心とした、DJ NATUREの豊かな音楽要素が散りばめられた全8曲のトラックを収録している。
 
40年間にわたる活動の中で、常にさまざまな形態の音楽を学び理解し、情熱を注ぎ続けてきたDJ NATURE。1980年代にはイギリスのブリストルでトリップ・ホップのシーンをけん引した伝説的なサウンドシステム、The Wild BunchのメンバーDJ Miloとして活動。Island Recordsグループの4th & B'way Recordsと契約してダブプレートやシングルをプロデュースし、さらには日本のMajor Forceクルーと一緒に初期の作品を制作してきた。1989年にニューヨークに移住してからは、さらにアンダーグラウンドな活動を続ける。自身のレーベルRuff DiscoよりNature Boy名義で自主制作盤のハウス・ミュージックをリリースし続け、ニューヨークのKiss FMでTony Humphriesにプレイされ注目を集めた。さらにDJ Miloの名義でヒップホップを制作し、Pete Rock & Marley MarlによるHot 97 NYのFuture Flavasで取り上げられる。その後DJ NATURE名義でハウスプロデューサーとして再始動し、日本のJazzy SportやニューヨークのGolf Channelからリリースを行ってきた。その作品の数々はデトロイト発のビートダウンサウンドとも共振する音楽として、ミュージックフリークから絶大な支持を得ている。



NYジャズシーンと濃密にコラボレーション
 『Otherwhere』の魅力は、NYのジャズシーンと濃密なコラボレーションを実現しているところにある。リードトラック「Synthetic Crisis」ほか2曲で流麗なエレクトリック・ピアノのソロを聴かせるのは、ジャズ・ピアノ/キーボード奏者のMiles Lennoxだ。若手ミュージシャンのための国際的なコンペティションYoungArtsのファイナリストとなったり、学生のためのグラミー賞Grammy Camp-Jazz Sessionで受賞したりするなどの実力が高く評価されている。また前作に引き続き、ジャズ・サックス/フルート奏者のWillie Williamsが「Mbakwe」や「Joyous」ほか4曲で参加。 Art Blakey、Charles Earland、Groove Holmesなど数々のレジェンドプレイヤーと共演を果たしてきたベテランの心地よい演奏がグルーブに彩りを添えている。
 
「アルバムのタイトルである『Otherwhere』は、西洋の現実世界として定義された領域の、外側に存在する場所のことです。私たちの祖先は、自然と調和するこの場所からやってきました。音楽やダンス、スピリチュアリティを通じて宇宙とつながっていたのです」とDJ NATUREことMilo Johnsonは、ニューアルバムのタイトルに込めた意味の背景を語る。
 
DJ NATUREだからこそ紡ぎだすことのできる、ブラック・カルチャーの歴史を縦横無尽に結びつけた音のコラージュとも言える『Otherwhere』。カバーアートワークは前作『Let The Children Play』でおなじみYui Abeによるものだ。イラストが物語るような、“2023年のアフロ・フューチャリズム”を体感させる名盤がここに生まれた。

(text:佐藤梢/Kozue Sato)

ソングリスト

  • A1. Synthetic Crisis
  • A2. Mbakwe
  • B1. Joyous
  • B2. Follow Your Dreams
  • C1. Cosmic Assignment
  • C2. It’s Up To You
  • D1. Drifting In The Foam
  • D2. Sleep Talk