• CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (2週間~1ヶ月後に発送)

2,035円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
WARNER CLASSICS
国(Country)
EU
フォーマット
CD
規格番号
9029587521
通販番号
DFN170224-75
発売日
2017年04月03日
EAN
0190295875213
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

蒼い空と地上の関係性をテーマとした5つの作品をセレクトしたブルックリンの音楽家集団「The Knight」による異種世界の融合を目指したコンセプト・アルバム「アズール」。このアルバムのメインとなるのは、アルゼンチンの作曲家ゴリホフの「アズール」。印象的なアルバム・ジャケットが象徴する通り、スペイン語で“青”を意味するこの瞑想的なチェロ協奏曲は、演奏者であるヨーヨー・マのために2006年に書かれた作品ですが、これは通常の協奏曲のような「ソリストに英雄的な役割」を担わせるのではなく、あくまでもソリストは「異世界を旅する冒険家」であり、「混沌と啓示」の仲立ちとして存在しています。そして彼を取り巻くのは指揮者ヤコブセンとハイパー・アコーディオン奏者ベルゲマン、パーカッションのハダッドとバプティスタの2人を含む51人の音楽家たち。The Knightが“世界で最も奇怪な音を出す”ことで知られるウォーターホルンからアフリカの民族楽器ジャンベを奏で、ヨーヨー・マのチェロと幻想的な対話を繰り広げます。ヨーヨー・マとThe Knightは以前からコラボレーションを続け、この作品を何度も演奏しており、すっかり作品を手中に収めています。彼が演奏するドヴォルザークの切ないアリア「月に寄せる歌」の美しさも必聴。アルバムは現代イランの作曲家AGHAEIの「上昇する鳥」で始まり、ヨーヨー・マが演奏する2曲のあと、シュトックハウゼンの「ティアクライス(黄道十二宮)」、最後はスフィアン・スティーヴンスの幻想的な作品で締めくくられます。 (資料提供:ワーナーミュージック)

【収録曲】
1) Siamak Aghaei(1974-)& Colin Jacobsen(1978-):『Ascending Bird』
2) ドヴォルザーク(Jesse Diener-Bennett編):歌劇『ルサルカ』より「月に寄せる歌」
3) ゴリホフ:『アズール』(チェロ協奏曲)
4) シュトックハウゼン(Caroline Shaw編):『星座のための12のメロディ(黄道十二宮)』より「レオ」
5) スフィアン・スティーヴンス(1975-)(Michael P. Atkinson編):『Run Rabbit Run』からの組曲

【演奏】
ヨーヨー・マ(チェロ:2,3)
エリック・ヤコブセン(指揮) ザ・ナイツ
Michael Ward-Bergeman(hyper-accordian)
Jamey Haddad(percussion)
Cyro Baptista(percussion)

【録音】
2015年9~10月, ブルックリン, BRIC(デジタル:セッション)

ソングリスト

  • 1. SIAMAK AGHAEI&COLIN JACOBSEN:ASCENDING BIRD
  • 2. DVORAK:SONG TO THE MOON(FROM"RUSALKA", ARR;JESSE DIENER-BENNETT)
  • 3. GOLIJOV:AZUL
  • 4. STOCKHAUSEN:LEO(FROM "TIERKREIS", ARR;CAROLINE SHAW)
  • 5. SUFJAN STEVENS:SUITE FROM"RUN RABBIT RUN"(ARR:MICHAEL P.ATKINSON)