環境音楽のパイオニア・INOYAMALANDがワールドリリース

  • CLUB/DANCE
  • ニュース
  • 2019.09.20

    • LINE

    • メール

    ★初ヴァイナル化音源★

    ★アーティスト所持のオリジナルマスター音源をリマスター★

    ★Spencer Doran(VISIBLE CLOAKS)とMaxwell August Croy(EMPIRE OF SIGNS)によるINOYAMALANDへのインタビュー入りのライナーノーツ付き

    ★国立科学博物館提供による真菌写真がアートワーク








    世界が注目する日本を代表するアンビエントミュージック/環境音楽のパイオニア、INOYAMALANDが遂にワールドリリース決定! 近年CHEE SHIMIZUが再発したことでも知られる故吉村浩による、1982年作品「MUSIC FROM NINE POSTCARDS」の再発を手掛けた〈EMPIRE OF SIGNS〉の第3弾作品(菅谷昌弘作品が第2弾として同時にアナウンス)。

    日本の電子音楽家・永田一直が主催する〈EXTRECORDINGS〉が幻の名盤として知られる「DANZINDAN-POJIDON」の再発を筆頭に、次々と貴重な楽曲のリイシューを手掛けているなか、発表された本作。


    吉村浩や芦川聡も在籍した環境音楽制作レーベル〈CRESCENT〉に残されたもの、永田一直のレーベル〈TRANSONIC〉やCD-Rでセルフリリースした楽曲を収録。

    宮城県の感覚ミュージアム、上野国立科学博物館で'97年~'98年に開催された企画展『変形菌の世界』、'77年でのLIVE演奏音源、ヒカシューの巻上公一がプロデュースし上演されたリチャード・フォアマン作『エジプトロジー〜わたしの頭は大トンカチだった』の舞台音楽集からセレクトされた16曲。






    ソングリスト

    • 1. Hair Air
    • 2. Cycle
    • 3. Soushiyou To Shiteiru
    • 4. Garasudama
    • 5. Aa Egypto
    • 6. Skyfish
    • 7. Bananatron
    • 8. Fairy Tale
    • 9. Morn
    • 10. Kodama
    • 11. Ougon No Sara
    • 12. Candy Floss
    • 13. Watashikara Ubawanaide
    • 14. Anatano Yushoku No Tameni
    • 15. Candy (alt.)
    • 16. Sekai No Owari