PRINS THOMASの最新アルバムは、KLFや初期ブラック・ドッグへのオマージュを忍ばせたアンビエント超大作!

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース
  • 2016.02.15

    • LINE

    • メール
    最新ミックス『Paradise Goulash』も大ヒット中、リンドストロームと双璧をなす北欧ディスコ王子プリンス・トーマスが名門スモールタウン・スーパーサウンドと初めてタッグを組んだ注目作。LPは4枚組とのことなので、そちらも乞うご期待(近日予約受付開始予定)。


    PRINS THOMAS プリンス・トーマス

    PRINCIPE DE NORTE / プリンシペ・デル・ノルテ

    【KLFやジ・オーブ、初期ブラック・ドッグへのオマージュをしのばせたアンビエント大作】

    CD(4) 2,689円(税込)
    カレンティート / JPN / CD / CLTCD-2055 / 1006949457 / 2016年02月17日

    ◆ トーマスは、2015年にガボール・ザボ、サン・アローからハイエログリフィック・ビーイング、カート・ヴァイルまでを串刺しにしたミックス作品 『Paradise Goulash』(PITCHFORKで8点台!)で、改めて音の冒険家としての貪欲な攻めの姿勢を示して世界中から喝采を浴びました。

    ◆ そんな話題冷めやらぬ中、トーマスの新作が登場!本作はバレアリックなダンス・モードをギリギリ維持しながらもプログレッシヴでギャラクティックな音の最 果てに向け果敢な冒険を試みた野心作で、リンドストローム『シックス・カップス・オヴ・レベル』にも通じる、ジャンルを越えて大きな注目を集めること間違 いなしな(早くも)2016年屈指の話題盤!

    ◆ 本作においてトーマスは、2013年に亡くなったスウェーデンの地下テクノ・プロデューサーJoel Brindefalkの「Ü」名義での遺作『Doobedoo Dub’e'dope』に着想のヒントを得て、KLFやジ・オーブ、初期ブラック・ドッグなど90年代のIDM/リスニング志向のエレクトロニック音楽の モダンな再解釈を試みています。

    ◆ ビートレスながらも反復するシンセでギャラクティックな脳内ダンス!フル・パップからの楽曲からは大きくかけ離れた内省的でエクスペリメンタルなムードで 聴き手をコスミッシェな音の底無し沼へと引きずり込みながらも、マーク・マグワイヤ以降の現行エレクトロニック・シーンにも通じるさすがのセンスで、トー マス流の長尺アンビエント・ダンスをさらりと披露。

    ◆ トッド・テリエがメインストリームでブレイクする一方でビョーン・トシュケやセックス・タグスが新世代で地下ブレイク、かと思えばリンドストロームがトッ ド・ラングレンとのコラボというリーサル・ウェポンを爆発させ……やはりオスロのシーンの奥深さと多様性はダントツです!





    ソングリスト

    Disc 1
    Disc 2
    • 1. E
    • 2. F
    • 3. G
    • 4. H



    【関連ニュース】
    ■ノーウェジャン・ディスコの名コンビ、LINDSTROM & PRINS THOMASによる'05年の傑作アルバムが10周年記念仕様で再発!
    ■プリンス・トーマスが老舗"Eskimo"レーベルに帰還! 3枚組、全57トラックを使用した"パラダイス・ガラージ"へのトリビュートMIX大作!!
    ■10/17(sat)~10/18(sun) sea of green ‘15@麻那姫湖青少年旅行村(福井県)
    ■瀧見憲司主宰レーベル"CRUE-L"から3年ぶりの新作コンピが登場!! 全曲未発表/初CD化の9楽曲を収録!!
    ■ディスクユニオン特典・コラボ&リミックス音源CDR! 近代バレアリック・ミュージックの中心的存在・SEAHAWKSのリミックス・アルバム!

    • 前の記事へ

      OPTIMOが見出したグラスゴーの変態NEW WAVEバンド、GOLDEN TEACHERの12インチ音源をコンパイルした初期ベスト!

      CLUB/DANCE

      2016.02.15

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      実験的なサウンドを連発する"Firecracker"から、これまた刺激的なドラム・インプロヴァイゼーションが登場!

      CLUB/DANCE

      2016.02.15

    • 一覧へ戻る