haruka nakamuraが、春をイメージした新曲「アイル」(feat. Janis Crunch)を含む全6曲収録のNew EPをリリース!

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース
  • 2018.03.09

    2018.03.09

    何と懐かしの短冊形CDシングル!
    アートワークは話題の写真家・岩倉しおりのコラージュ作品。


    haruka nakamura - アイル

    haruka nakamura
    アイル 【DLコード付 / 8cmCD 短冊形】


    CDS(14) 1,620円(税込)
    p*dis
    / JPN / CDS / PDIP-6577 / XAT-1245689239 / 2018年03月21日

    haruka nakamura の新曲「アイル」(I’ ll)は、1st アルバム『 grace』(2008 年) の世界観の続きを10 年ぶりに表現した楽曲。春の季節をイメージして作られたこの曲を含む、全6曲を収録したニュー EP / 8cm CD( DLコード付き)が春分の日にリリースされる。「アイル」では、作詞、作曲、全ての楽器パートをharuka nakamura 本人が担当し、『 grace』でボーカルを担当したJanis Crunch を再びフィーチャー。さらに、1st アルバム発売当時の「every day」(『 grace』収録曲) のライブ音源をこっそり隠し味として詰め込むこだわりも見せている。春を祝福するような軽やかなテンポの生き生きとしたアンサンブルとボーカルは、初期音源のみずみずしさを残しつつも、この10 年で大きくスケールアップした両者の成長を感じさせる珠玉の1曲。その他、1st アルバム『grace』を代表する楽曲「arne」をこのプロジェクトのために10 年ぶりに再構築した「アルネ」や、haruka nakamura が音楽を担当した映画『every day』のクライマックスシーンで使用され、話題を呼んだ楽曲「リリウム」を新たに録音・収録。さらに、教会のオルガンやミュートピアノに環境音のテクスチャーをミックスしたノルタルジックな小品曲など、全6曲が収録されている。

    アートワークはインスタグラムでのコラボレーションをきっかけに繋がった、” 身近な場所が美しく見える瞬間”をカメラにおさめる注目の写真家・岩倉しおりが担当。「アイル」の世界観を表現するために、haruka nakamuraが熱望したキャリア初となる8cm CD 短冊型パッケージを、岩倉が新たに作り上げた美しいコラージュ作品が全面を彩る。そして、マスタリングは近年のharuka nakamura 作品の音を手掛ける田辺玄が担当。

     

    NHK BSプレミアム「ガウディの遺言~サグラダ・ファミリア100年の 夢~」のために、haruka nakamuraが書き下ろした『CURTAIN CALL』が12インチアナログ化!
    • 前の記事へ

      ポスト・ビョーク / FKAツイッグス、時代が求める音をまといアイシャ・デヴィが人気レーベルから2作目となるニュー・アルバム発表!

      CLUB/DANCE

      2018.03.12

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ダブテクノ/アンビエント鬼才フラクションによる一代抒情詩!! ニューアルバムがリリース!

      CLUB/DANCE

      2018.03.09

    • 一覧へ戻る