ディスクユニオン特典あり・80ʼS和製バレアリック、カラード・ミュージックの幻のセカンド・アルバムが遂にリリース

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース
  • 2018.05.08

    • LINE

    • メール
    大事件!! 80ʼS和製バレアリック人気グループ、カラード・ミュージックの当時お蔵入りしていた幻のセカンド・アルバムが遂にリリース!

    なんと! ディスクユニオン特典は、Chee Shimizuによるリミックス音源収録のダウンロード・コード!!




    COLORED MUSIC カラード・ミュージック(橋本一子・藤本敦夫)
    INDIVIDUAL BEAUTY
    CD(4) 2,592円(税込)
    SOLID RECORDS / JPN / CD / CDSOL1806 /  2018年05月23日発売予定



    ★ディスクユニオン特典★

    特典音源収録のダウンロード・コード



    ・収録内容
    Colored Music - Night Paradise  (Complicated Dreams Remix)
    Remixed by Chee Shimizu


    ************************



    2018年最新デジタル・リマスター
    監修はChee Shimizu(Organic Music)が担当

    現在、高田みどりやマライヤなどと共に和製バレアリック/コズミック・ジャズとして海外でも大注目されている藤本敦夫と橋本一子によるユニット、 カラード・ミュージック。この度メンバーの協力により幻のセカンド・アルバムがボーナス音源も追加して世界初音盤化!人気曲「Heartbeat」の別ヴァージョンや、橋本一子『Beauty』収録曲のオリジナル・ヴァージョンなど全11曲。



    藤本敦夫と橋本一子によるユニット、カラード・ミュージック。1981年にBetter Daysレーベル(日本コロムビア)から発表されたファースト・アルバムにして唯一作『Colored Music』は、2000年代に東京のクラブ・ミュージック・シーンであらたな価値を見いだされ、2008年のCDリイシュー以降、その存在は海外にまで知れ渡り、早熟のダンス・ミュージックとしてその人気は今なおとどまるところを知らない。そんな彼らの幻のセカンド・アルバムが世界初音盤化!当初、カセットブックとして発表される予定だったオリジナル楽曲5曲に加えて、同時期に制作していた未発表音源6曲を加えたフル・アルバムとして、メンバー監修の下、再構成されリリースされる衝撃作。収録は彼らのファースト・アルバム収録の人気曲「Heartbeat」の別ヴァージョンや橋本一子『Beauty』(1985年)収録曲としてのちにリリースされる3曲、そして完全未発表の7曲の合計11曲。HMV record shopよりアナログ盤も同時発売予定。企画監修は書籍『obscure sound~桃源郷的音盤640選~』などオブスキュア・ミュージックのオーソリティ、Chee Shimizu(Organic Music)。メンバー監修による最新デジタル・リマスタリング、新規日本語解説付。

     






     

    ソングリスト

    • 1. De To Re Mi (未発表曲)
    • 2. Tamare Kurawanka (橋本一子『Beauty』(1985年)収録曲の未発表オリジナル・バージョン)
    • 3. After the Intelligence (未発表曲)
    • 4. Ambient Discotique (未発表曲)
    • 5. Trick or Treat (未発表曲)
    • 6. We are Only Dancin' (橋本一子『Beauty』(1985年)収録曲の未発表オリジナル・バージョン)
    • 7. Heartbeat (『Colored Music』(1981年)収録曲の未発表バージョン)
    • 8. Night Paradise (未発表曲)
    • 9. Kitsune (橋本一子『Beauty』(1985年)収録曲の未発表オリジナル・バージョン)
    • 10. Love Season (未発表曲)
    • 11. Angel (未発表曲)





    Colored Musicプロフィール
    前身グループのサイエンス・フィクションで活動をともにしていた、ヴォーカリスト/マルチ・インストゥルメンタリストの藤本敦夫とヴォーカリスト/ピアニストの橋本一子が、イエロー・マジック・オーケストラの国内初ツアー『TECHNOPOLIS 2000-20』参加後に結成。1981年にBetter Daysレーベル(日本コロムビア)からファースト・アルバム『Colored Music』でデビュー。その後、グループとしては事実上活動休止となるが、ふたりはともに活動を続け、藤本は1985年に藤本敦夫ビート・ジャズ名義でアルバム『Beat Jazz』(Better Days)、2010年にソロ・アルバム『どこにもないランド』(Najanaja)を発表。橋本は1984年の『Ichiko』(JVC)を皮切りにソロ名義でコンスタントにアルバムを発表しているほか、Ub-Xや中村義郎とのボッサノヴァ・デュオなど多くのプロジェクトで活躍。両人ともに数多くのアーティストの作品にも参加している



    【関連ニュース】
    橋本一子と藤本敦夫のユニットCOLORED MUSICによるニューウェイヴ・クラシックが、CHEE SHIMIZUによるエディットで7インチ化
    特典付き/mule musiqの新レーベル第一弾はジャパニーズディスコのコンピ
    甲田益也子(DIP IN THE POOL)が1998年に発表した初ソロ・アルバム『jupiter』収録曲のエディット/リミックス集
    予約受付中:大貫妙子のシンセポップ名曲をStudio Muleクルーがオフィシャル・カバー

    • 前の記事へ

      自身のレーベル〈DYNAMIC TENSION〉より2年ぶりとなるUKテクノの権化 SURGEON ニュー・アルバムが登場!!

      CLUB/DANCE

      2018.05.08

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      リプレス!! ドイツが誇る名門レーベル〈PERLON〉と〈COCOON〉の売り切れタイトルがリプレス

      CLUB/DANCE

      2018.05.07

    • 一覧へ戻る