降り注ぐ8 編の電子音。未来を切り開くシンセ・シスターズのNEW アルバム!!!

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース

2018.04.04

  • LINE

  • メール


Euphoria=多幸感。 降り注ぐ8 編の電子音。未来を切り開くシンセ・シスターズによる最新作が登場!!!




SYNTH SISTERS

EUPHORIA

CD LP



「....我らが日本のシンセ・シスターズ、ステラー・OM・ソースやマリア・ミネルヴァなど、シンセサイザーと女性の関係の深化は実に甚だしい。彼女たちはその歴史を確実に塗り替えていく。
このアルバムを聴きながら思ったのは、きっとその先に広がる世界は差別と不平等の鎖から解き放たれた、今日よりも真実味のある世界に違いないということ」

カジワラトシオ(ヒト族レコード・Antibodies Collective)




Crossbred でもおなじみ、クラブでもノイズでも隔てなく活動してしまう希有なデュオ、Rie Lambdoll とMAYUKo の電子音楽ユニット、シンセ・シスターズ待望の新作。
自由度の高い電子音素描集といえる前作『Aube』(2014) から一転、この『Euphoria』は、特定のイメージ(=多幸感)を主題にシンセとヴォイスのみで造り出されたトータル・アルバムだ。と言っても、アンビエントでも癒しのニューエイジ音楽でもメディテーション音楽でもない。プログレでもなければヴェイパーウェイヴでもテクノでもない。これは2020 年代を目前にした今、アンダーグラウンド発の、ニッポン・シンセミュージックの深化を証明し、未来を切り開くものだ。
また、クラブ爆音再生、BGM、ホームリスニング等、再生音量の度合いでガラッと表情を変えてしまう作品でもあり、各状況に応対するこの品質の高さは、第三のメンバーと言って過言でないエンジニアのKabamix の手腕だ。装丁:木村銀次。

【関連ニュース】
日本在住フランス人DJ Alixkunが手がける80年代国産アンビエント作品コンピレーション「雲の向こう」
タイトルはドイツ語で「陶酔」を意味する ラウシュ、アンビエント至宝 GAS a.k.a.ウルフガング・フォイト 復活第二章!!
4/6発売:ジェイムス・ブレイク、ジェイミーxx に続く天才、トム・ミッシュのデビューアルバム「GEOGRAPHY」
日本のアンビエント・サウンドの始祖:イノヤマランド、41年の時を経て発掘、初音源化!!!
Akiko Kiyamaがグラフィックアーティスト・YOSHIROTTENとコラボした限定200部のアート作品を発表



 

  • 前の記事へ

    ベルギー産ダンスミュージック “NEW BEAT”大ボリューム4枚組コンピレーション!!

    CLUB/DANCE

    2018.04.04

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    THEO PARRISH 2018年第二弾「GENTRIFIELD LOVE PART 4」が早くもリリース!!

    CLUB/DANCE

    2018.04.03

  • 一覧へ戻る