[発売中]CHRIS COCO「INDIGO」がCALMのレーベルから発売決定! ディスクユニオン特典付き

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース
  • 2018.12.05

    • LINE

    • メール
    イビザ島のCafe Del Mar歴代レジデントDJとして活躍し、バレアリック・サウンドを牽引するカリスマ、クリス・ココが日本で親交の深いCalmのMusic Conceptionからニュー・アルバムをリリース!
    クリスが日本を訪れ魅了されたというインディゴカラー・藍色をテーマに完成させた珠玉のフル・アルバム!!





    ★ディスクユニオン特典つき★


    未発表音源を2曲収録したCD-R







    INDIGO / インディゴ

    CHRIS COCO クリス・ココ

    イビザCafe Del MarのレジデントDJ/バレアリックを牽引するカリスマがCALM主宰レーベルからニューアルバムを発表

    MUSIC CONCEPTION / JPN / CD / MUCOCD031

    2,484円(税込)



    特典詳細情報

    ★ディスクユニオン・限定特典★


    未発表音源収録 CD-R



    本アルバム「INDIGO」のセッション時に制作された新作未発表音源を 2曲収録!!

    1. La Naturaleza
    2. After Party






    クラブミュージックに代表されるエレクトロニックミュージックは、その創世期に比べて巨大化し、そして重箱の隅を突くように細分化され、更にアコースティックなものまでも吸収して、まるでブラックホールのように増殖を続けている。
    もはや一つのジャンル、一つの用途として括ることが出来ない、特殊な日常・非日常音楽として機能し始めている。
    エレクトロニックミュージックの創世期から音楽シーンに関わってきたChrisの新作を、この度縁あってリリースさせていただきます。
    初期の強烈なアシッドハウス作品、DJ Magazineの編集長、そしてイビザでのチルアウトDJとしてキャリアを積み上げ、現在はChris Coco名義でのバレアリックフィーリング溢れる作品をリリースし続けている彼の新作は、バレアリックという言葉だけでは説明できない様々な要素が詰まっている。
    サンセットタイムのサウンドトラック、家でのチルアウトタイム、皆が集まってのパーティーのBGM、風を切って走る車でのドライブミュージック、移動中にイヤフォンで聴くプレイベートな空間の音楽、大好きな人へのプレゼント、、、このアルバムの存在意義は色々な側面を持っているはず。
    前作”My favorite place”はサンセットオレンジの印象を強く受けるが、今作はタイトル通りインディゴブルーをモチーフに、青、藍色、デニム、空の青さなどなどオーガニックな響きを大切に制作されている。

    こういった音楽はイージーリスニングとして勘違いされることもあるけれど、Chrisを始め第一線で活躍するアーティストたちは、その優しさの中に強烈な自己表現と狂気とカオスをスパイスのように散りばめながら、音楽ジャンキー、良い音楽を探し続けるジプシーたち、そしてこれから音楽の大海原へ漕ぎ出す若きリスナーたちへ届くように丁寧に作り上げている。
    決して右耳から入り左耳から抜けるような軽い音楽ではなく、その時々の感情にフィットして、心を揺さぶる旋律であるはずだ。
    今ではあまり音楽にどっぷり浸らなくなってしまった人への処方箋、そしてこれから様々な音楽に出会うであろう若者への新たなストーリーテラーとして是非機能してもらいたい作品です。
    ジャケットのイメージ画像はChrisの息子Dexter、デザインはCalmの全作品を手がけるFJD、そしてマスタリングはCalmが担当。


    ソングリスト

    1 Event Horizon (In)
    2 Pou Des Lleó
    3 Indigo
    4 You Are Exactly Where You Need To Be
    5 Onda
    6 La Torre
    7 Slow Motion Saturday
    8 Event Horizon (Out)






    アルバム『インディゴ』についてのクリス・ココからのコメント



    ここ数年で日本を訪れる度に、私は日本の藍色にとても夢中になりました。
    この美しい天然の染料がさまざまな布地や素材に溶け込んで日本で親しまれている様子を見て、とても好きになったのと同時に、現在の私達の社会を取り巻く強迫観念(金銭、性別、暴力、権力)が、今後更により良く、より平和的、且つ包括的に協調しあっていく様な社会を、次世代の子供達へ伝えている様に感じました。

    だから私は藍色の色や言葉、考えを好きになりました。
    しかし、これをどの様に音楽へ変換しようか?と考えた時に、このアルバムでは私は歌手を入れず、歌詞を使わない事に決めました。ここではリスナーが作品を自由に解釈することが出来る余地を作っておきたかった。私はそれがオープンで包括的な思考のプロセス、深い感情、インディゴの思考の可能性を広げると思ったからです。

    各曲解説

    1 Event Horizon (In)
    この短いイントロダクションはイビザのレジデントであり、アナログ・シンセサイザーのコレクターであるアントニオ・プロスパーとのコラボレイションです。

    2 Pou Des Lleó
    この作品はイビザの北東部の美しく険しい岩壁をイメージしたアンビエント作品です。私のデモをデンマークのロック・グループ、Bandinaiéがいくつかの繊細なギターの音色と、歌心のあるベースラインを追加してくれて完成しました。

    3 Indigo
    この作品は今回私の作品をリリースしてくれたカームの東京のスタジオでカームと一緒に書き始めました。私達はダンスにもチルにも使えそうなスローモーション・ディスコを創ろうとした。その後ロンドンでデモを少し変化させトランペットとパーカッションを追加しました。最初に描いたイメージを更に膨らませて新しい作品に仕上がりました。

    4 You Are Exactly Where You Need To Be
    私達は険しい道を駆け上がり、その道を進む事が正しいという想いをタイトルに込めました。この曲はハッシュ・フォーエヴァーのセブとのある夏の日のドリーミーなラフスケッチと、その後ロンドンで過ぎ去った夏を思い起こして仕上げました。郷愁と新しさを同時に感じさせるのはそういった理由からです。

    5 Onda
    Ondaとはイタリア語で波の意味です。この作品はローマのアーティスト、オーラ(Oora)とのコラボ作品です。彼は今ブルックリンに住んでいます。私達はデンマークのステラ・ポラリス・フェスティバルで出会い、一緒に作品を作る事にしました。その後彼が私にいくつかのアイデアとなる素材を送ってきてこのトラックの原型が完成しました。

    6 La Torre
    イビザ島の海岸線にはいくつかの塔があり、かつては海賊や侵略者を防ぐ為の物でしたが今では散歩に便利なランドマークになっています。この曲で私はイビザの美しい夕日をこの塔の近くで楽しんでいる風景をイメージしました。平和的で静かな夕日の景色を見ている時の感情を捉えています。

    7 Slow Motion Saturday
    イビザでの滞在はいつも週末の土曜日の様な高揚感が続きます。土曜日のパーティーで自分の居場所を見つけるまで、その感覚は続きます。

    8 Event Horizon (Out)
    この曲は最初の曲「Event Horizon
    (In)」の拡張版であり、再び最初にループしていきます。
    映画音楽を数多く手がけるサッシャ・パットナムがこの作品にオーケストラの要素を取り入れてくれた。とてもメロディックな作品になったと思います。

    2018年6月大阪にて
    クリス・ココ












    【関連ニュース】
    橋本徹のGood Mellowsシリーズ第10弾「AFTERGLOW MEDITATION」がリリース
    橋本徹が監修するSuburbiaより、Chris Cocoアルバムが登場
    チルアウト/バレアリックミュージックの先駆者、カームの新作アルバム


    • 前の記事へ

      [発売中]デトロイトのロバート・フッドがついにDJ-キックスに登場!!

      CLUB/DANCE

      2018.12.05

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      [発売中]ディスクユニオン特典付:UBAR TMAR/EARLY FUSION・ジャパニーズトランス/ゴア/サイケの重鎮のレアコンピCDがリリース

      CLUB/DANCE

      2018.12.05

    • 一覧へ戻る