Hoodoo Fushimiの1989年のアルバムから2曲を7インチでリリース

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース
  • 2019.02.26

    • LINE

    • メール

    日本における宅録ファンクのパイオニアにして異端、フードゥー・フシミ(Minoru 'Hoodoo' Fushimi)。7インチ・リリースされ即完売となった『ケンカおやじ』に続いて、1989年にリリースしたアルバム『たまらん!!!』から2曲を7インチ・カットです!


     
    HOODOO FUSHIMI / フードゥーフシミ / てんそく小唄 / 帰ってね

    てんそく小唄 / 帰ってね

    HOODOO FUSHIMI フードゥーフシミ

    オールドスクール・ラップ最高曲「てんそく小唄」が7インチ化!

    JET SET / JPN / 7"(レコード) / JS7S235 / 1007820381 / 2019年02月27日

    • CLUB/DANCE
    • 試聴可能
    • レコード
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    1,620円(税込)

    20%OFF 1,296円 (税込)

    OUTLET

    • レコード
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    ワールドワイドにオブスキュアな音源を発掘するメルボルンの名門レーベルLeft Earから2017年にリリースされた編集盤『In Praise Of Mitochondria』で、世界中から再発見された80'sジャパニーズ・エレクトロ・ファンク・レジェンド、フードゥー・フシミ。今夏には、LP 『ケンカおやじ』('87)からの7インチ・カットもアンダーグラウンドの好事家たちを驚喜させましたが、続く本作は、1989年リリースのCDアルバム『たまらん!!!』からのシングル・カット。両面とも初アナログ化の音源となっています。
    A面「てんそく小唄」は自身がPublic EnemyのChuck Dにインスパイアされたと語る一曲で、商業主義に傾倒する世の中に対して警鐘を鳴らす、ラウドな社会派オールドスクールラップ・チューン。フードゥー・フシミのラップ曲の中でも、随一のスキルフルな固いライミングが聞ける名曲です。
    B面「帰ってね」は、Harkaなる謎の女性ヴォーカルをフィーチャーした極上のディスコ歌謡チューン。荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」をビートダウンさせたかのようなバブリーなダンスナンバー。どちらもユーモラスかつソリッドなリリックと、多彩な音楽的バックボーンを感じさせるフシミ節炸裂の名曲です。

    ソングリスト

    1てんそく小唄
    2帰ってね
    • 前の記事へ

      ディスクユニオン特典:エイフェックス・ツイン『アンビエント・ワークス Vol.2』の解説本

      CLUB/DANCE

      2019.02.26

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ポストダブステップレーベルWHITIES新作にBAMBOUNOUが登場

      CLUB/DANCE

      2019.02.25

    • 一覧へ戻る