[予約]HELIOSの3rdアルバム『Caesura』がリマスター再発!

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース
  • 2019.06.07

    • LINE

    • メール

    長年エレクトロニカ・シーンを牽引しつづけてきたキース・ケニフ=ヘリオスの名作『Eingya』につづき、3rdアルバム『Caesura』がリマスター再発!

    HELIOS / ヘリオス / CAESURA (REMASTERED)

    CAESURA (REMASTERED)

    HELIOS ヘリオス

    PDIS / JPN / CD / PDIP6586 / 1007925997 / 2019年08月02日

    • CLUB/DANCE
    • CD
    • 予約

    2,452円(税込)

    • CD
    • 予約

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    精緻に作りこまれたセンチメンタルなエレクトロニカ路線のヘリオス名義、ソロ・ピアノにフォーカスしたミニマルで静謐なポスト・クラシカル路線のゴールドムンド名義を中心に、アップル、フェイスブック、グーグルなどのCM音楽や映画のスコアを手がける優秀な作曲家キース・ケニフ。リリースする作品すべてがロングセラーを記録し、10年以上に渡りシーンのトップ・アーティストでありつづけています。
     
    本作は2008年にTypeからリリースされたヘリオス名義での3rdアルバム『Caesura』の再発盤。フィジカルは長年廃盤状態でしたが、待望の再発となりました。2006年リリースの『Eingya』は彼自身が演奏したピアノとギターなど生楽器によるセンチメンタルなメロディーと、穏やかなシンセやエレクトロニクス、フィールドレコーディングが織りなすメロディック・エレクトロニカの金字塔として後世に多大な影響を与えました。

    本作『Caesura』は生楽器を多用した『Eingya』よりも、ビートを強調したよりエレクトロニカ色の強い作品。ピアノとギターを中心としたシネマティックなメロディーは健在ながら、さらにウルリッヒ・シュナウスのようなシューゲイザーやポスト・ロック寄りのサウンドも取り入れたヘリオス・サウンドの完成形。

    紙ジャケット仕様の新装パッケージ。日本限定再発盤。ヘリオスの『Yume』と2018年の最新作『Veriditas』を手がけたテイラー・デュプリーがリマスタリングを担当しています。

     

     

    ソングリスト

    • 1. Hope Valley Hill
    • 2. Come With Nothings
    • 3. Glimpse
    • 4. Fourteen Drawings
    • 5. Backlight
    • 6. The Red Truth
    • 7. A Mountain Of Ice
    • 8. Mima
    • 9. Shoulder To Hand
    • 10. Hollie
    【関連ニュース】
    音響/アヴァン/アンビエントハウス・フリーク待望! FRANCIS HARRISニューアルバムが完成 |
    • 前の記事へ

      [予約]HENRIK SCHWARZとアムスのカルテット ALMA QUARTETがコラボしたLPがリリース

      CLUB/DANCE

      2019.06.08

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      [予約]アンビエント~エレクトロ・プロデューサーHaruのデビューEP!!

      CLUB/DANCE

      2019.06.07

    • 一覧へ戻る