フローティング・ポインツ最新アルバム「クラッシュ」10月リリース

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース
  • 2019.08.30

    • LINE

    • メール

    エイフェックス、ゲッチング、レイ・ハラカミ…燦然たるエレクトロニック音楽の名盤たちに間違いなく名を連ねるであろうフローティング・ポインツ最新作、ここに完成。











    ジャズ、エレクトロニカ、ロック、テクノ、ディスコ...あらゆる音楽を自在に操るミュージック・マイスター、フローティング・ポインツことサム・シェパードがダンス回帰して大きな話題を呼んだ先行シングル「LesAlpx」に続いて待望のオリジナル・アルバム『Crush』をリリース!!

    17、8歳のころにラップトップ一台で初期衝動にまかせて作った自身の初EP作品『Shadows』にあったスリリングな即時性に触発され、5週間で作り上げたという本作。今にもカタルシスの嗚咽が聞こえてきそうな、もしくはフロアに何かが降臨する前兆を予感させるイントロから一気にリスナー、ダンサーを引き込む「Last Bloom」、MJ・コール、キャリバー、今は亡きマーカス・インタレックスといった初期UKガラージからの影響を感じさせるアンビエント・ジャングル「Apoptose」、不穏なメロディの中に徐々に流し込まれるビートがフロアを完全に掌握する「Bias」、美しい惑星を想起させる黄金律をローズ・クローマで奏でる「Birth」など初期衝動の感覚、音楽的成熟、コンポーザーとしての探究心、熱心なセレク ター/DJとしての一面、そして音楽に対する情熱が結実。エイフェックス・ツイン「Selected AmbientWorks 85-92」、マニュエル・ゲッチング「E2-E4」、レイ・ハラカミ「Red Curb」など燦然と輝くエレクトロニック音楽の連峰に加わるマスターピースがここに完成。

    10月18日(金)に世界同時発売となる本作の日本盤CDはヴィンテージ・ハードウェアで制作された至高の音像をより堪能できる高音質UHQCD紙ジャケ仕様で、ボーナス・トラック「LesAlpx Dub - ((JAPANESE SPECIAL EDITION))」を追加収録。特殊ホロ加工された限定盤は1000枚限定生産となっている。

    ※数量限定盤は入荷枚数がショートする可能性があり、その場合代替品のご用意はいたしかねますので、予めご了承の上、ご注文をお願いいたします。


    ソングリスト

    • 1. Falaise
    • 2. Last Bloom
    • 3. Anasickmodular
    • 4. Requiem for CS70 and Strings
    • 5. Karakul
    • 6. LesAlpx
    • 7. Bias
    • 8. Environments
    • 9. Birth
    • 10. Sea Watch
    • 11. Apoptose Pt1
    • 12. Apoptose Pt2
    • 13. LesAlpx Dub --((JAPANESE SPECIAL EDITION)) ※日本盤のみボーナストラック