予約・KAITOことHIROSHI WATANABEが宮崎の民謡をリメイク

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース
  • 2020.01.15

    • LINE

    • メール
    古来より引き継がれてきた民謡を現代の音楽としてリメイクし、全世界へ発信するレーベル「Molten Soul Records」が始動!
    第一弾はKAITOことHIROSHI WATANABE!!!















    数々の神話や伝説、民話が残っている九州・宮崎。天岩戸がある高千穂町に新たなレーベル「Molten Soul Records」がスタートした。第一弾リリースは、KAITOの最新アルバム「NOKTON」が大きな評価を得た日本を代表するエレクトロニックミュージックのプロデューサー/ミュージシャンであるKAITOことHIROSHI WATANABE。

    宮崎・高千穂に古くから伝わる民謡『刈干切唄(かりぼしきりうた)』をHIROSHI WATANABEがエレクトロニックミュージックとして再構築した本作。高千穂をテーマにした神秘的なアンビエントテクノ"Takachiho"、地元に伝承されている神楽をエレクトロニックダブへと昇華させた"Kagura"、村上三絃道・三代目家元を継承した村上由宇月をヴォーカルでフィーチャー、現代と古代を繋ぐような壮大なストーリーが立ち上がる"Kariboshikiriuta"の3曲を収録。

    限定ピクチャージャケット、さらにHIROSHI WATANABEが高千穂を訪れた際に撮影した写真を収録したLPサイズ12Pフォトブックレットが付属するスペシャル仕様となっている。


    ソングリスト

    • A1. Takachiho
    • A2. Kagura
    • B1. Kariboshikiriuta





     

     




    Molten Soul Records とは?

    宮崎発の民謡専門音楽出版会社。音楽業界に精通し国内外を問わず数々の作品リリース実績のあるアーティストと共に海外にも通用する完成度の高い作品を制作し、また国内外に販路を持つ国内大手ディストリビューターと連携することで、全世界に順次リリースしていく。

    https://camp-fire.jp/projects/view/175435




    ヒロシワタナベ氏からのコメント

    長く高千穂地方で歌われ続けて来た民謡のアレンジには実に深い敬意と気持ちを込めて挑んでおります。過去多くのアレンジ作品や演奏が存在する中、今作品はシンプルな刈干切唄(Kariboshikiriuta)の形を保たせながら新たな世界観へと誘うこと、この歌の美しさを空間的な演出により一層膨らます事を強く思いながら制作に挑んでおります。プロジェクト立ち上げから完了までの間に数回現地に足を運び自分自身で高千穂に流れる空気、空間に宿る力、そして広大な美しい景色を感じ、大地から感じる神秘に包み込まれた静寂を音楽へと融合させております。KaguraとTakachihoという楽曲においても全く同様の気持ちを込めて挑んだ作品となっております。




    井上薫氏からのコメント


    鳥肌が立つほど驚きました!!

    今年の10月末に、縁と流れがあって人生二度目の高千穂に行ってきたばかりで、音楽仲間であるHiroshiくんからこの話を初めて聞いた時には鳥肌が立つほど驚きました。歴史深いその土地の磁力のようなものを改めて感じざるを得ないような。悠久の時を経て現代にも息付く土地の音とHiroshi Watanabeの音が融合していく様には興奮を禁じ得ませんね。未体験ながらずっと行ってみたかった高千穂の夜神楽にもまた新たに想いを馳せてみたり。自身としてもいつか手がけてみたかったような、素晴らしい企画だと思います。