予約・Lawrence Lekが長編映画のサントラをリリース

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース

2020.10.26

  • LINE

  • メール

ヴェイパー・ウェイブ、Oneohtrix Point Never 好き要チェック!

常に最前線をひた走るKode9主催〈Hyperdub〉より、メディアアーティスト/フィルムメーカーとして活躍するLawrence Lekが自身初となる長編映画のサントラをリリース!

LAWRENCE LEK / AIDOL (O.S.T.)

AIDOL (O.S.T.)

LAWRENCE LEK

ヴェイパー・ウェイブ、Oneohtrix Point Never 好き要チェック!Lawrence Lekが自身初となる長編映画のサントラをリリース

HYPERDUB / UK / LP(レコード) / HDBLP054 / 1008212854 / 12月下旬入荷予定

  • CLUB/DANCE
  • レコード
  • 予約

3,465円(税込)

  • レコード
  • 予約

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

メディアアーティスト/フィルムメーカーのLawrence Lekが世界中のフェスティバルや展示会で上映された、自身にとって初となる長編映画『AIDOL 爱道』のスコアをサウンドトラックとしてKode9率いる〈Hyperdub〉からリリース!

映画『AIDOL』は消えゆくスーパースターのディーバが、2065年のeSportsオリンピックのフィナーレでカムバックのパフォーマンスをするために、AIのソングライターを志望している人物に協力してもらうという内容のCGファンタジーだ。壮大な建築物、雪に埋もれたジャングルなどを舞台に、人類と人工知能(AI)の争いを中心に展開している。また、今回のサウンドトラックは、非常に繊細であり、同時に複雑で不透明なものとなっている。ボーカルシンセサイザーで生成されたDivaのヴォーカルは、英語と北京語で歌われ、クラシカルなメロディーが複雑にアレンジされた楽曲の上に乗せられている。

作曲家Seth Scottと共同で制作された各トラックは、映画のスコアとゲーム・サウンドトラック、ヴェイパーウェーブ、アンビエントのパターンを取り入れて制作され、哀愁を帯びた美しい仕上がりとなっている。輸入盤LPには4枚のオリジナル・アートプリントが付属する。



ソングリスト

  • A1. Intro (My Single Isn't Finished Yet)
  • A2. Deep Blue Monday
  • A3. In the Game
  • A4. Chance Encounter (Jungle Theme)
  • A5. Call Of Beauty
  • A6. Welcome To SoMA
  • A7. Unreal
  • A8. Superstar
  • B1. One Nation
  • B2. Beware Your Fans, Diva
  • B3. Call Of Beauty (eSports Reprise)
  • B4. Followers (Diva's Theme)
  • B5. Farsight's Greatest Star
  • B6. In My Prime (Bonus Track)
  • B7. Apocalypse (End Credits)