ジェフ・ミルズ透視能力者をテーマにしたニューアルバム「CLAIRVOYANT」をリリース

  • CLUB/DANCE
  • リリースニュース

2021.02.25

  • LINE

  • メール
ジェフ・ミルズが超自然的な能力で未来や超感覚を知覚する透視能力者をテーマにしたニューアルバムを発表。

外界を遮断し集中してじっくりと聴くことで訪れるものは何か。


JEFF MILLS / ジェフ・ミルズ / CLAIRVOYANT (3LP)

CLAIRVOYANT (3LP)

JEFF MILLS ジェフ・ミルズ

ジェフ・ミルズ 2021年のファースト・リリースは透視能力者をテーマにした超感覚集中型アルバム

AXIS / BEL / LP(レコード) / AX097 / 1008255137 / 2021年02月26日

  • CLUB/DANCE
  • 試聴可能
  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,630円(税込)

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

一般的に考えられる未来を予想する方法は歴史や過去を知り学ぶことだろう。またサイエンス・フィクション的な想像をするならば、タイムマシンを発明し先の時間を見てくることも未来予測といえる。
さらに、別の方法を考えるなら、感覚を研ぎ澄まして未来を予測することも人類がこれまで行ってきた未来予測として一般的なのではないだろうか。

「The Clairvoyant」、すなわち透視能力者(あるいは千里眼)をテーマに一枚のアルバムが完成した。直感や予感といった感覚は人間を含めた動物たちに備わっているもので、私達が繁栄し生き残ってきたのはこの超感覚も理由の一つと考えても過言ではないのではないか。全てを理解し使いこなしているツールではないにしても。

歴史上、透視能力者と自らを主張する人たちは数え切れないほど現れ、100年前のスペイン風邪によるパンデミックをはじめ社会に大きな不安が訪れたときに、降霊術や精霊の召喚などを行ない人々の需要に答えていた。
詐欺やペテンも多く、却って混乱を巻き起こしながら、ある一面では、人々に希望や楽観主義、不安を取り除いたことも、彼らのチャネリングが与えた現実といえる。

本作は、2006年にPURPOSE MAKERの21番「NATURAL WORLD」に収録したトラック"The Clairvoyant"で試みたことをアルバムまで発展させ完成、発表された作品である。
ある意味降霊術のように演奏し完成した「The Clairvoyant」は、部屋を暗くロウソクをともして聴いてほしいとジェフ本人は語っている。雑音、会話を遮断し静まり返った空間で精神を集中させじっくりと聴くことでリスナーは「何か」を体験することができるかもしれない。

ソングリスト

  • A1.The Seance
  • A2.Pseudoscience
  • B1.Remote Viewing
  • B2.Someone Who Feels Things
  • B3.Calling All Loved Ones
  • C1.Shadow With A Golden Aura
  • C2.Wait, I Feel A Presence
  • C3.Three Signs From The Other Side (First Sign)
  • D1.Three Signs From The Other Side (Second Sign)
  • D2.Three Signs From The Other Side (Third Sign)
  • E1.Questions, Decisions And Consequences
  • E2.The Feeling Anything Is Possible
  • F1.Dancing Shadows
  • F2.Ganzfeld Experiments
  • F3.The Spirit World
  • 前の記事へ

    予約・サウナアルバムシリーズの原点である第1作目をアナログ化!

    CLUB/DANCE

    2021.02.25

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    ジェフ・ミルズとトニー・アレンの共作にキーボードで参加したジャン・フィ・デイリーがザ・パラドックスを始動

    CLUB/DANCE

    2021.02.25

  • 一覧へ戻る