12月1日 (金) Contact :FLY PEOPLE & DANCE FUSION present “BLACK OUT”(20th Anniversary of Dance Fusion World Tour Opening Party)

  • CLUB/DANCE
  • イベント/パーティー
  • 2017.11.29

    • LINE

    • メール


    元ダンサーでありNYの新世代ディープハウス・シーンを牽引する Joey AndersonとDJ Quの2人が揃って来日!

    ラウンジフロアには、ベルリンのレーベル “Klasse Recordings”を主宰する Luca Lozanoも登場する豪華な一夜





    12/1 (金)
    FLY PEOPLE & DANCE FUSION present “BLACK OUT”
    (20th Anniversary of Dance Fusion World Tour Opening Party)

    9PM | Before 11PM ¥1000, Under 23 ¥2000, GH S members ¥2500, w/f ¥3000, Door ¥3500
    ------------------------------------------------------------
    Studio:
    Joey Anderson (Dekmantel | Inimeg records | NY)
    DJ Qu (Strength Music | NY)
    Shan'S (Dance Fusion | Nubian Soul | Rhythmatic | NY)
    Ryosuke (lobust)

    Opening Set:
    NAOKI (至芸 | Open Session)

    Contact: “O.D. lounge”
    Luca Lozano (Klasse Recordings | Sex Tags UFO | Germany)
    TAGAWAMAN (ULTRA INAZUMATIC DJs)
    P-YAN (ARTEMIS)
    RYOKEI (How High)

    DJ RAZZ (ROLLOUT | kosmologi)

    『元ダンサーでもあるNY新世代ディープハウス・シーンを牽引するDJ2人が揃って来日』

    DJ QuとJoey Anderson、90年代後半からハウスダンサーとして活躍し、日本でも人気を誇った2人が揃って来日する。彼らはダンサーとしてステージに立つことを辞めた後、DJ / プロデューサーとしての道を選び、新世代ニューヨークディープハウスシーンを代表するアーティストとして名が知られるようになった。
    ニューヨークだけでなくヨーロッパ各地でのDJギグをこなしながら制作活動も続けている。
    踊る者の足を止めさせない、ダンサーの心をとらえるプレイスタイルからは元ハウスダンサーというバックグラウンドが感じられる。



    Joey Anderson

    アメリカ、ニュージャージー州出身のJoey Andersonは2011にInimeg Recordingsの立ち上げ、初となるリリースは昔から仲間であるDJ QuをフィーチャリングしたEP “Organisms”がResident AdvisorやConcepto Radioから評価され世界的に広がった。自身のレーベルを立ち上げる前に”Dive Deep”というシングルをリリースし、Strength Music RecordingsからVA – Exchange Placeに “Thee Analysis”や “Oval”をリリース。ダンサーとしてNew York Cityのアンダーグラウンド ハウス ミュージックのルーツを持つ彼としてはプロデューサー・DJ・レーベルオーナーとして進化して行くのは必然的な流れであった。Joey Andersonの “We Are Not Alone”、Jus-EDをフィーチャリングしたリリースはムーディー、ディープかつリズミックでAndersonのサウンドを取り囲む。
    2012年の夏、ロンドンのフェスティバル「Free Rotation」にて初のヨーロッパデビューを果たす。その後も勢いは止まらず、数々のアーティスト達やレーベル(Fabric London, Soul People Music, Levon Vincent, Finale Sessions, Deconstruct, Dekmantel, Latency ++)とコラボし続けている。


    ≪今年のDekmantel Festivalでのセット≫



    DJ Qu

    Resident Advisorが2009年にアメリカ東海岸におけるハウスルネッサンスを特集した際、ニュージャージーを拠点にするプロデューサー兼DJは自らを「ダンサーのためのDJ」と呼んだ。これは、90年代に世界を旅するハウスダンサーとして、また、ニューヨークで名声を誇るHouseDanceConferenceのレジデントとしてのバックグラウンドから、得られるべくして得た呼称である。以後、2005年に設立したStrength Musicからリリースした躍動感、ダークネス、洗練性溢れる作品らは称賛を浴び、名実共にその立ち位置を深化させている。またRekids、DesolatやSynchrophone等のレーベルにおけるオリジナルやリミックスを共に手掛け、多様な作品を世に送り出している。決して他人とは同じ道を歩まない姿勢を軸に、2011年にはテクノとハウスの境界線を曖昧にしたデビューアルバム”Gymnastics”を発表。Little White Ear Budsはこの作品を「この上なくダークなハウスだ」と表現した。このジャンル間に存在する空白地帯に現代のハウス・テクノ界における独自の立ち位置を見出し、Nina Kraviz ”Aus (DJ Qu Remix) (Rekids) (2012)やPirupa “Party Non Stop” (DJ Qu Remix) (Desolat) (2012)といったリミックス作品をリリース。今年5/20には最新アルバム『Conjure』が、Strength Music Recordingsより発売される。



    ≪DJ QUとJoey AndersonがBIS radioに揃って登場≫


    Luca Lozano

    Luca Lozanoは、 “Warp Records”で有名なイギリスのシェフィールドに生まれその経歴をスタートさせる。
    DJとしては、アシッドハウス、ブリープ、ブレークビーツをキーワードにストリート溢れるサウンドをプレイ。
    また、世界各地で行われているパーティのフライヤーやレコードジャケットのデザインの依頼が絶えず、グラフィックデザイナーとしても精力的に活動している。
    ベルリンを拠点としたレーベル “Klasse Recordings”のオーナー兼デザイナー。


    ≪Phonica Recordsに提供したミックス≫

    ===============================
     
    Contact
    東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
    Tel: 03-6427-8107
    http://www.contacttokyo.com
    You must be 20 and over with ID.

     
    =============================== 



     

    • 前の記事へ

      12月2日 (土) Contact :Contact presents Cosmodelica with Colleen ‘Cosmo’ Murphy and DJ Nori

      CLUB/DANCE

      2017.11.29

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      12月6日(水) ZERO:本物のDJ二人が本物の音を紡ぐ夜。Tree presents... feat KIM LIGHTFOOT

      CLUB/DANCE

      2017.11.29

    • 一覧へ戻る