1月20日(土) Contact:Terra Incognita feat. Objekt

  • CLUB/DANCE
  • イベント/パーティー
  • 2018.01.11

    • LINE

    • メール



    イギリスの注目株 Objektが登場し、Wata Igarashi、Sapphire Slowsと共演!
    ラウンジにはHenry Wuとのコラボ作が話題のEarl Jeffersが登場!!



    1/20(土)
    Terra Incognita feat. Objekt
    10PM | Before 11PM ¥1000, Under 23 ¥2000, GH S members ¥2500, w/f ¥3000, Door ¥3500
    ------------------------------------------------------------
    Studio:
    Objekt (Objekt | PAN | Hessle Audio | Leisure System | UK)
    Wata Igarashi (Midgar | The Bunker NY)
    Sapphire Slows (Not Not Fun)
    Nao (rural | addictedloop)

    Contact: “GREYHOUND feat. Earl Jeffers”
    Earl Jeffers (Melange | MCDE | Ten Thousand Yen | UK)
    KAZIZI
    Midori Aoyama
    KINKY GROOVE (ALPH ZEN, Hiroki Yamada, Yoshiki Funatsu)
    Genki Tanaka (Candy Boys)
    ------------------------------------------------------------
    『UKアンダーグラウンドシーンにおける注目のアーティスト2人が登場』
    アンダーグラウンドなエレクトロニックミュージックシーンにおいて注目を集めるDJに焦点を絞り、その素晴らしい才能を日本のシーンに紹介、そしてその素晴らしいプレイを存分に堪能できるイベントTerra Incognitaに、UKの注目株Objektを召喚。Wata Igarashi、そしてSapphire Slowsら、注目の日本人アーティストとの共演が見所だ。GREYHOUNDがContactフロアをテイクオーバーし、MCDEからHenry Wuとのコラボ作が話題のEarl Jeffersを召喚する。KAZIZIを筆頭に、EUREKA!等で活躍するMidori Aoyamaら、東京のハウスミュージックシーンをリードするDJ達との掛け合いが、いかなる魔法をフロアに投下するのか、是非見届けて欲しい。
    ------------------------------------------------------------

    Objekt


    ≪Boiler Room DJ set≫

    Native InstrumentsのDSPプログラマーとしての顔を持ち、意識をえぐるように強烈な革新的サウンドデザインと緻密に構成された中毒性の高いディテールにより、突出した個性と存在感を放つプロデューサー。2011年にプロジェクトと同名のホワイト盤レーベルObjektからリリースを始めた彼は、テクノ特有の逸脱性を非4つ打ちのフォーマット上で表現した強力なダンストラックを披露し、ダブステップ通過後のシーンに突如として頭角を現した。出世作となったHessle Audioからの「Cactus / Porcupine」や、話題となったDopplereffektとのスプリット盤「Hypnagogia」、片面プレスの衝撃作「The Stitch-Up」といった作品は、既成のダブステップやエレクトロ、そして、テクノの斜め上を行くいびつなアプローチで数多くのリスナーを唸らせている。2014年にPANからリリースした「Flatland」は、荒れ狂う電子音を見事に手なずけることで混沌と統制を両立させ、サウンドデザインとダンスミュージックの常識を覆しながら引き続き肉体性と機能性を兼ね備えた怪作となった。制作活動と並び、驚きに満ちた選曲と卓越したスキルによって展開される彼のDJセットも各地で話題を呼んでおり、テクノの名門レーベルTresorからリリースされたミックス「Kern Vol.3」では、エレクトロ、ハウス、ボディミュージックなど、広範なエレクトロニックミュージックを網羅しながら(ときにBPMも大きく変化させながら)、ハメとヌケを繰り返す圧巻のスタイルが打ち立てられた。革新性と先進性をダンスミュージックにもたらし続けるObjektの今後にさらなる注目が集まっている。
    ------------------------------------------------------------

    Earl Jeffers



    ≪Rinse FM≫

    ウェールズの首都カーディフに拠点を置くプロデューサー/DJのEarl Jeffers。過去に”Chesus”という名義で4 Lux、Ruff DraftそしてLocal Talkなどからも良作を重ね、独特のサンプリングカットと90’sフレーバーを持つロウなハウスサウンドが新旧問わず世代を超えたハウスフリークに支持された。特に2013年にLocal Talkからリリースした「Special」はレーベルの中でも好セールスを叩き出し、自身の名刺代わりに。その後もDoc Daneekaが主宰するTen Thousand Yenから出世作「Gloria」をリリース。2015年には自身のレーベルMelangeを立ち上げ、2017年にリリースしたUSのプロデューサーByron The Aquariusとのコラボ作品も話題になった。彼のプロダクションはハウスだけに留まらず、Don Leisureとのヒップホップユニット”Darkhouse Family”名義でアルバム「The Offering」をUKのFirst Word Recordsから発表。2018年はMotor City Drum EnsembleのMCDEからHenry Wuとのコラボ作が予定されており、間違いなくブレイクの予感が漂うニューカマーの1人として注目されている。


    ===============================
    Contact
    東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
    Tel: 03-6427-8107
    http://www.contacttokyo.com
    You must be 20 and over with ID.

    =============================== 


    【関連ニュース】
    1月12日(金) Contact:ÂME 2018
    1月13日(土) Contact:TRIBE -The First Contact-
    1月14日(日) Contact:LOW END THEORY JAPAN
    2月10日(土) Contact:Beat In Me feat. Rhadoo