6月1日(金)Contact:The Gateway presents LQQK x BANK RECORDS NYC + BIG LOVE

  • CLUB/DANCE
  • イベント/パーティー
  • 2018.05.31

    • LINE

    • メール
    『ニューヨーク・ミーツ・トーキョー:レフトフィールド・ミュージック&ファッションの祝祭』





    6/1(金)The Gateway presents LQQK x BANK RECORDS NYC + BIG LOVE

    10PM | Door ¥3500
    ------------------------------------------------------------

    Studio:
    Entro Senestre (Bank Records NYC)
    Cienfuegos (Bank Records NYC)
    Via App (Bank Records NYC) -Live
    DJ Fire (LQQK STUDIO)
    Dondi (LQQK STUDIO)
    DJ Healthy

    Contact:
    Sapphire Slows
    Toby Feltwell
    Kiri
    Michihiko Ishidomaru

    Foyer:
    Ultrafog
    Saint-Croîx
    Bgknb
    Zooey Loomer 1979 (BLUE)
    Oliver Vaupel (Janushoved)

    ------------------------------------------------------------



    ブルックリンでシルクスクリーン・プリントのアトリエとして産声を上げ、ファッション、音楽制作、DJなど、さまざまな分野で独創的な作品を提示するブランドへと成長したLQQK Studio。彼らの来日を祝うべく、同じくニューヨークで活動するレーベルBANK Records、そして東京のレコード店Big Loveとのコラボレーション・イベントが決定! 多様なジャンルとムードを横断する一夜をお届けする。

    Studio Xフロアには、BANK Recordsの主宰者であり、L.I.E.S.、Dekmantel、W.T. Recordsといった人気レーベルから実験的なローファイ・テクノを発表してきたEntro Senestreが登場。ざらついたサウンドデザインによるオルタナティブ・テクノを得意とするBank Recordsきってのスペシャリスト、CienfuegosとVia Appも参戦する。

    一方、Contactフロアのホストを務めるのは、欧米の幅広いインディペンデント・ミュージックを扱うショップ兼レーベルとして、Ariel Pink、Nite Jewel、Stellar Om Sourceといったアーティストを輩出してきたBig Love。今回のコラボレーション・イベントでフィーチャーするのは、Not Not Fun、100% Silk、Nousのほか、数多くのレーベルから万華鏡のようにめくるめく変化するエレクトロニック・サウンドを発表してきたSapphire Slowsだ。

    さらに! LQQKが会場限定のTシャツとキャップを販売。こちらも要チェックだ!









    Entro Senestre

    “L.I.E.S.”からのリリースでおなじみのEntro Senestre。EnriqueやBookwormsをはじめ、ロウハウス~インダストリアルの先鋭的アーティストが多数集い、ポスト”L.I.E.S”と位置づけられそうなリリースが続く”Bank Records NYC”を主宰している。


    ≪Rinse FM: L.I.E.S. Takeover 2018≫







    Cienfuegos

    Cienfuegosこと本名Alex Suarezは、マイアミからニューヨークへ移住して以来、ブルックリンのアンダーグラウンドなクラブでの活動を開始。”BANK Records”、”Ascetic House”、”Primitive Languages”、”Unknown Precept”といったレーベルからレコードやカセットをリリース。2018年3月に”L.I.E.S.”より初のフルレングスのレコードLP「Autogolpe」リリース。「Autogolpe」は独裁者主導の軍事クーデターというアイデアを使って、痛み、対立、弾圧、孤立、崩壊後の喜びに満ちた自由などを表現した作品となっている。


    ≪i-Dに提供したミックス 2017≫





    Via App

    ボストン出身、現在はニューヨークのクイーンズを拠点に、実験的なテクノを制作しているVia AppことDylan Scheer。彼女の作品は、鮮やかなものから、よりアグレッシブで歪んだトラックまで、すべてリアルタイムで収録している。
    2014年にはカセット「Pro-V」と「Dangerous Game」をリリースし、Khotinの「Hello World」にも参加。
    2015年にはバンクーバーに本拠を置くレーベル”1080p”から、Via Appの最初のビニールEP「7 Headed」をリリース。
    2016年には、ObjektのミックスCD「Kern, Vol.3」(Tresor) に彼女のトラック「From Across the Room」が収録された。そして同年、”Bank Records NYC”から12インチEP「Secret Rotation」、”Break World Records”からフルレングスLP「Sixth Stitch」をリリース。





    【関連ニュース】
    東方より出づる新世代EBM/インダストリアルの怪物、TZUSINGのファースト・アルバムが待望のCD化




    • 前の記事へ

      6月30日(土) 解体新書 feat. Imre Kiss & S Olbricht - Lobster Theremin Showcase -

      CLUB/DANCE

      2018.06.08

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      6月8日(金)Contact:フル・ラインナップ発表! トッド・テリエが6月にジャパンツアーを開催!

      CLUB/DANCE

      2018.05.31

    • 一覧へ戻る