9月1日(土) Contact:MOTORPOOL

  • CLUB/DANCE
  • イベント/パーティー

2018.08.17

  • LINE

  • メール


ジェンダーレスパーティ MOTORPOOLに、Panorama Barのレジデントも務める PROSUMER が再び登場!!

 


9/1(土)MOTORPOOL

10PM |  Before 11PM  ¥1000, Under 23  ¥2000,  GH S members  ¥2500, w/f  ¥3000, Door  ¥3500
------------------------------------------------------------

Studio:
Prosumer (Potion | Ostgut Ton | Playhouse | Edinburgh)
DSKE
DJ Shibata (探心音 | THE OATH)

[Lighting]
Machida (LS WORKS | TEAL)

Contact:
MAYURI (REBOOT | Metamorphose)
IORI (Phonica White | Field)
PUNKADELIX aka MAYUDEPTH (MAYUDEPTH)
Yusuke (Pflaume)

Foyer:
Tessan
Yume
Hideo
DJ SHOWHEY
MATCHA
PoiPoi

[Queen] LILʼ GRAND-BITCH, バンザイきょう子
[Boys] Tarou, Yuichiro
[Fag Bar] SHIGERU+SOU (EAGLE TOKYO)
[Midnight Coffee Stand] G★P Coffee Roaster

Supported by COCALERO

------------------------------------------------------------

『熟練の技で魅せるハウスとレフトフィールドテクノの一夜』

楽しくきらびやかに多様性を謳歌するMotorpool。今回は、ゲストのProsumerに最高の舞台を提供する。Panorama Barのレジデントを務め、シーンの中で積極的に活動する至高のハウスミュージック・セレクターとして広く認知されている彼が、MotorpoolのDJブースを彩ってから2年。レジデントのDSKEはもちろん、誰もが待ち望んでいた再出演がついに実現した。感情豊かなボーカルトラックから意識深くに潜り込む陶酔サウンドまで、多彩な楽曲を駆使しながら紡がれる、なめらかに愛撫するようなセットは要体験だ。

Studio Xフロアのハウスを基調としたトーンとは対照的に、Contactフロアではテクノにフォーカス。長年、メタモルフォーゼを主催し、のちのエレクトロニックミュージック系野外フェスティバルに多大な影響を与えた存在であり、日本のハードテクノシーンの礎を築いた御大Mayuriが登場する。共演には、サイケデリアとダブを融合した独自のテクノ/エレクトロニックサウンドをFieldやSemanticaといったレーベルから発表してきたIoriがラインナップ。この夜も、テクノの枠組みから外れていく果敢なアプローチに期待したい。


≪Boiler Room 2017≫


ザールブリュッケン出身のAchim Brandenburg a.k.a Prosumer。90年代からDJを始め、プロデューサーとしても活躍した彼は、現在はスコットランドの首都エディンバラを拠点とし活動を続けている。10年以上、Hard Waxのスタッフとして働きながら常に音楽と触れ合い、腕を磨いた。そんな彼のプロダクションは高い評価を受け、”240 Volts”、”Running Back”や”Playhouse”からリリースをした。その後、”Ostgut Ton”から「Panorama Bar 03」、”Fabric”から「Fabric 79」とミックスCDをリリースする。時代に拘らず、昔や今の楽曲を幅広く使いこなすDJスタイルでオーディエンスを楽しませる。