6/21(金)アムステルダムからVince Watsonを招聘!!テクノロジーから導かれた多彩な音楽表現を実体験するハウスパーティMusic Of Many Coloursを開催

  • CLUB/DANCE
  • イベント/パーティー
  • 2019.06.18

    • LINE

    • メール

    『テクノロジーから導かれた多彩な音楽表現を実体験するハウスパーティ』

    多種多彩な表現を一晩に凝縮しハウスミュージック本来の醍醐味を伝える、Music Of Many Colours。第7回目の開催はRolandの協力のもと音楽表現の本質と引力を実体験に繋げる企画を試みる。

    デトロイトテクノ、そしてハウス/テクノのクロスオーヴァーのパイオニアとして90年代から第一線で活躍するアムス出身のVince Watsonを招聘!!

    6/21(金)

    Music Of Many Colours with Vince Watson, sauce81

    supported by Roland

    OPEN 10PM

    Before 11PM | Under 23 | Student ¥1000,  GH S Members ¥2500,  w/Flyer | FB discount ¥3000,  Door ¥3500

    【チケット取扱】 Resident Advisor / clubberia / iFLYER

      → Early Bird ¥2000,  Advance ¥2500

    ------------------------------------------------------------

    Studio:

    Vince Watson Live Set (Yoruba | Planet E | Delsin | Everysoul | Netherlands)

    Dazzle Drums (Block Party | Green Parrot Recording)

    HEAVEN (DISCOVERY)

    [Special Dance Showcase]

    Mnchr-m × PILOT's -Live Session

    Beng Teng Funky Works (陽 + 隼 + 翼 + GORIKING) -Dance Showcase

    T.I.C SIVA, REI, Toshiya, NYON, KEIN, Rey -House Music Session

    [Floor Creation Dancers]

    MOMC Dancers

    [Dancer Planning]

    million SITUATION

    [Lighting]

    Machida (LSW)

    Contact:

    sauce81 Live Set (N'gaho Ta'quia | 77 Karat Gold)

    SHOWHEY

    T.P

    Phenol (RICEBALL | yygcru)

    Kengo (Block Party)

    Foyer:

    [Roland Exhibition]

    Koyas

    [Photo]

    KEEE

    [Curry Stand]

    Spicehut

    [Coffee Stand]

    中目黒LOUNGE

    supported by Roland

    ------------------------------------------------------------

    『テクノロジーから導かれた多彩な音楽表現を実体験するハウスパーティ』

    多種多彩な表現を一晩に凝縮しハウスミュージック本来の醍醐味を伝える、Music Of Many Colours。第7回目の開催はRolandの協力のもと音楽表現の本質と引力を実体験に繋げる企画を試みる。
     

    ライヴアクトとして、アムステルダムからVince Watsonを招聘。デトロイトテクノ、そしてハウス/テクノのクロスオーヴァーのパイオニアとして90年代から第一線で活躍。 緻密に構成された美しいピアノ・インストゥルメンタル「Eminescence」は幅広い世代のハウスリスナーに愛される傑作だ。Vinceの高度なスキルに基づいたライヴパフォーマンスは、素晴らしい演奏に立ち会ったときの純粋な感動を私たちに与えてくれる。また、'08年Red Bull Music Academyに参加してから現在まで国内外のフェスティバルなどで活躍を続けるsauce81が、Contactフロアでライヴを披露。ファンクとソウルフルをシンセとヴォーカルでリアルタイムに交差させながらグルーヴを増してゆく彼独自のスタイルは、テクノロジーと生身の人間から生まれる温かさを音楽から伝えてくれる。
     

    今回出演アーティストが使用した機材のいくつかを、Roland協力のもとFoyerフロアに展示。当日は機材に詳しいスタッフが試奏を手助けするので、リズムマシンやシンセサイザーに実際に触れていただき、自分の手で音を鳴らせることの楽しさ、そしてダンスミュージックの発展/成熟に多大な影響を与えてきたRoland製品のサウンドを体感して頂きたい。この日はダンス・ショウケースにおいてもライヴやDJとのセッションなど、音楽だけでなく身体表現においても即興性の強い内容となるが、それらの瞬発力を支える積み重ねられた技術と情熱は観るものを高揚させてくれる。DJは主宰Dazzle Drumsと、交流の深いレギュラーDJ達が、ハウスパーティにおいての一晩の流れを視野に、個々の持ち味を発揮する。オープンからクローズまで刺激溢れる充実の内容で構成される、この日のMOMCに乞うご期待。
     

    ★当日展示しているRoland機材を鳴らした感想を、該当機材の写真と一緒にハッシュタグ #Roland を付けイベント開催時間内にTwitterアカウント @m_o_m_c にツイートすると、抽選で1名様にTR-08をプレゼント!

    ------------------------------------------------------------

    Vince Watson

    《 Radio Drama - House Liveset from London /2019.4 》

    出身地グラスゴーの王立芸術音楽アカデミーでピアノを学んだのちにエレクトロ・ミュージックの製作を始める。デトロイトテクノという側面で語られることが多い彼だが、’99年に発表した「Mystical Rhythm」がBody & SOULクラシックスとしてコンピレーションに収録されたこともあり、ハウスとテクノ、両サイドのリスナーから愛される稀有なアーティストだ。

    ’15年にはOsunlade主宰レーベル〈Yoruba〉より「Eminescence」を発表。電子音とピアノサウンドが緻密に構成されたオーガニックなインストゥルメンタル・ハウスの傑作であり、現在も多くのDJに愛され続けている。17年にはDerric Mayの要望で実現したRhythim Is Rhythim「Icon / Kao-Tic Harmony (Vince Watson Reconstructions)」が話題となり、 昨年は〈BBE〉からジャズ/ブレイクビーツ/クラシックなどの要素を詰め込んだ「Life Is Beautiful」をQuart名義でリリース。今年はJoaquin Joe Claussell主宰〈Sacred Rhythm〉から「Teardrops」を発表。夏にはデトロイトテクノの境地に立ち戻ったアルバム「DnA」を発売予定。

    作品の幅を広げながらも、美しいメロディ・メイクと緻密な楽曲構成においてVinceのスタイルは一貫しており、流行の変化が激しいダンスミュージック界において20年以上第一線で活躍し、多くの重鎮DJ/クリエイターから熱烈な支持を獲得し続けている。

    ------------------------------------------------------------

    sauce81

    《 Boiler Room Tokyo 5th Birthday Live Set 》

    生々しいグルーヴとラフで温かみのあるシンセ使い、雑味たっぷりの楽器演奏とソウルフルなボーカルワークで、ディープなファンクネスをマシンに宿すプロダクションスタイルを探求。sauce81としてUKの〈Eglo Records〉始め、国内外のレーベルからリリースを重ね、N’gaho Ta’quia名義でアルバム「In The Pocket」、grooveman Spotとのユニット77 Karat Goldとしてアルバム「WANNAFUNKWITU」、2018年末には、SAUCE81 & SHING02として宇宙の旅を彩るSFサウンドトラック「S8102」を発表。

    2008年バルセロナにて開催されたRed Bull Music Academyに招待されて以来、国内外多数のイベントやフェスに出演。Rainbow Disco Clubから始まったSOICHI TERADA × KUNIYUKI × SAUCE81のライヴセッションは、ダンスミュージックのパフォーマー同士のセッションの可能性を示しながら、パリのJapan Connection、マンチェスターのWarehouse Project、アムステルダムのADE2018といった各国のフロアも湧かせている。DJとのセッションも積極的に行いながら、ceroの楽曲にドラム・プログラミングで参加し、リミックスを提供するなど活動の幅を広げている。マシンを駆使し、歌やシンセのループをリアルタイムで組み上げて行くファンキーでソウルフルなライヴは必見。


     

    ===============================

    Contact

    東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階

    Tel: 03-6427-8107

    http://www.contacttokyo.com

    You must be 20 and over with ID.

    ===============================

     

    【関連ニュース】
    VINCE WATSON新作EP「TEARDROP」がJOE CLAUSSELLのレーベルからリリース |

    • 前の記事へ

      6/22(土)Berghainの最新コンピを担当したレジデントのVatican Shadowが、同じくレジデントのAnswer Code Requestと共に来日!

      CLUB/DANCE

      2019.06.21

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      6/15(土)フランスの重要レーベルVersatile Records主宰Gilb'Rが来日!!

      CLUB/DANCE

      2019.06.12

    • 一覧へ戻る