6/28(金)Carl Craigが、「Detroit Love Vol.2」を引っさげContactにてリリース・パーティを開催!!

  • CLUB/DANCE
  • イベント/パーティー
  • 2019.06.27

    • LINE

    • メール

    来る6/28(金)、デトロイトテクノ・シーンを代表する重要アーティストCarl Craigが、デトロイトへの愛を詰め込んだ話題作「Detroit Love Vol.2」を引っさげContactにてリリース・パーティを開催!!

    6/28(金)

    Carl Craig “Detroit Love Vol.2” Release Party

    OPEN 10PM

    Under 23 \1000,  Before 11PM \2000,  GH S Members \2800,  w/Flyer | FB discount \3300,  Door \3800

    【チケット取扱】 Resident Advisor / clubberia / iFLYER

      → Early Bird \2500,  Advance \3000

    ------------------------------------------------------------

    Studio:

    Carl Craig (Planet E | Detroit)

    Ken Ishii -Detroit Influence Set

    Naoki Shirakawa

    Contact:

    DJ Sodeyama (ARPA records | трип)

    TERA (Diet Coke | Low Tech Circus)

    Hiroki Nakamura (Kids Return)

    TEMMA-Teje (t9a | Magpie Collective)

    supported by COCALERO

    ------------------------------------------------------------

    『テクノの重鎮が届ける唯一無二のサウンド』

    デトロイトのテクノシーンから現れた第2世代を代表するアーティスト、Carl Craigが満を持してContactに初登場! ミックス「Detroit Love Vol.2」のリリースを祝してCarl Craigの“最新形”をフロアに届ける。

    デトロイトテクノ特有のエモーショナルな可能性を最大限に引き出し、独自のサウンドの在り方をはじめ、リズムのアレンジや空気感までをも確立してみせたCarl Craigは、現在もエレクトロニックミュージックの象徴のひとりであり続けている。手がけた作品のなかには、「Landcruising」や「More Songs About Food And Revolutionary Art」のような歴史的名盤のほか、69、BFC、Paperclip People、Psycheなどの数々の名義において表現してきた珠玉のマシンソウルが満載だ。Innerzone OrchestraやThe Detroit Experimentでは、ジャズに主軸を据えたみずみずしいサウンドで、シンセサイザー/サンプラー/シーケンサーといった機材を駆使した制作だけにとどまらないクリエイティビティを証明してみせた。

    そのCarl Craigの最新プロジェクトが2枚組のミックス大作「The Detroit Love」だ。同作では、人気のアーティストからこれまで見過ごされてきたデトロイトの隠れた才能まで、多彩な音源を掘り下げて唯一無二の表現へとブレンド。Kevin Saunderson、DJ Minx、The Dirtbombsなどの楽曲を収録した、デトロイト愛に満ちたトリビュートに仕上がっている。Carl Craigが体現してきたデトロイトサウンドの“今”をこの夜のContactで体験してほしい。

    ------------------------------------------------------------

    ★リリース情報 (2019.5.22)

    デトロイト・テクノの重鎮、Carl Craigがローンチしたミックス・シリーズ「Detroit Love」の最新リリース第2弾!

    Carl Craig - 「Detroit Love Vol. 2」

    Label: Detroit Love

    Format: CD

    Cat.No: PEDL002CD

    ------------------------------------------------------------


    Carl Craig

    《 Boiler Room × Eristoff 'Into The Dark' Porto 》

    エレクトロニック・ミュージックシーンにおいて間違いなく代表的存在のひとりである、DJ/プロデューサー/レーベルオーナー、Carl Craig。グラミー賞ノミネートの経験を持つ世界的アーティストである。

    1989年にファーストトラックをリリース後、最初のコラボメイトであるDerrick Mayのレーベルから2つのシングルをリリース。輝かしいリリースを積み重ねたのち、1991年自身のレーベル〈Planet E〉を立ち上げ、同時に別名義の69でEP「4 Jazz Funk Classics」をリリース。レーベルは2011年には20周年を迎え、属するアーティストやコラボレーター達と世界ツアーを周り、レーベルの歴史を祝った。

    Craigのワイルドで多彩なリリースは、現エレクトロニック・ミュージックシーンにおいて主役級に活躍するCaribouやUnderworld、Hot Chip、LCD Soundsystemといったアーティスト達にも大きな影響を与えている。更にはVon Oswald、Tristanoとトリオを組んでいる他、Ricardo VillalobosによるエレクトロニックミュージックのコレクティブNarod NikiにLuciano、Richie Hawtin、Zip等のメンバーと共に参加。キーボーディストであるMike Banks、Amp Fiddle、Francesco Tristanoとも共演している。

    この多様なスタイルを武器に、Craigはまさにノンストップで世界中の名門クラブでプレイ。2012年Rolling Stoneの最も影響力のあるDJの1人に選出され、さらに同年mixmagで表紙を飾った。2015年、Resident AdvisorのDJランキングトップ100に選出された。他にもUnsound FestivalにてAndy Warholの映画にサウンドトラックを付けるライヴパフォーマンスなど様々な活動をしている。

    デトロイトのシーンや馴染みのあるクラブをフィーチャーした〈Detroit Love〉を始め、自身主催の音楽フェスティバルDetroit Electronic Music Festival (DEMF) をスタートさせたり、パリにて開催されたコンサートでクラシックオーケストラLes Siecles Orchestraとコラボレーションし、自身のテクノトラックをオーケストラ形式で披露するなどシーンにおける存在感はかなり大きい。Derrick MayやMoodymanなどと共にこのシーンを牽引し、これからも重要な存在であり続けるアーティストである。

     

    ===============================

    Contact

    東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階

    Tel: 03-6427-8107

    http://www.contacttokyo.com

    You must be 20 and over with ID.

    ===============================

    【関連ニュース】
    CARL CRAIG待望のニュー・ミックス!! |
    CARL CRAIG待望のニュー・ミックスDETROIT LOVE VOL.2がリリース |