10/18(金)フランスの才女Léonie Pernetが来日

  • CLUB/DANCE
  • イベント/パーティー
  • 2019.10.11

    • LINE

    • メール

    多様な人生や価値観が共存する共和国の首都、パリ。そして、新時代を迎え多様性へのチャレンジが日々唱えらるメトロポリス、東京。フランスからLéonie Pernetを迎え多様性をテーマにパリと東京を繋ぐSaison Rouge - Clubが開催!


    10/18(金)

    Saison Rouge - Club - presents Léonie Pernet


    OPEN 10PM

    Before 11PM | Under 23 ¥1000,  GH S Members ¥2500, w/Flyer | FB Discount ¥3000,  Door ¥3500

    【チケット取扱】 楽天

    ------------------------------------------------------------

    Studio:

    Léonie Pernet (InFiné | France) -Live

    Oko Ebombo -Live

    PELI

    YY -Live

    Sisi (Rainbow Disco Club | Timothy Really | mule musiq)

    EZYPT

    and more


    Contact:

    TBA

    ------------------------------------------------------------

    『ダイバーシティ (多様性) の向こう側へ』


    ダイバーシティ (多様性) とサステナビリティ (持続可能性) という2つのコンセプトを中心に展開し、音楽/アート/スポーツ/グルメなどジャンルの垣根を越え、アーティストと観客がイベントを通じて互いにインスパイアし合うようなプログラムで紡がれた、新感覚都市型フェスティバルSaison Rouge (セゾン・ルージュ)。

    多様な人生や価値観が共存する共和国の首都、パリ。そして、新時代を迎え多様性へのチャレンジが日々唱えらるメトロポリス、東京。そんな両都市が交差するクラブイベントSaison Rouge - Club -では、あらゆるジェンダーを謳歌する東京のDJ/パフォーマーら豊かな才能たちが大集結。この情熱的な夜を通じて、誰もが性別/肌の色/年齢などに関係なくともに遊ぶ楽しさを身をもって体感できるはずだ。

    ドラマー/シンガーソングライター/ピアニスト/DJ等をこなす、フランスのエレクトロニックシーンで近年もっとも注目を集める才能、Léonie Pernet (レオニー・ペルネ) が本邦初登場。音楽を通して、難民/宗教/LGBTなど様々な問題を題材に表現を重ねる彼女のライヴセットは必見。そして、東京のファッション/ダイバーシティのアイコン、PELIが迎える。


    主催: 在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本 / 株式会社エフイーユー

    企画制作: Saison Rouge実行委員会

    ▶ 公式イベントページ

    [ https://saison-rouge.com/saison-rouge-club-presents-leonie-pernet ]

    ------------------------------------------------------------

    Léonie Pernet

    “Passengers” @シャルルドゴール国際空港 - ARTE Concert


    Yuksekのライヴバンドのドラマーとしてシーンに現れ一躍注目を集め、Ivan SmaggheとChloéが立ち上げたレーベル〈Kill the DJ〉より、自らプロデュースした最初のEPを2014年にリリースする。ドラムの他にピアノやシンセサイザーも弾き、シンガーソングライティングをもこなす万華鏡のような才能を持つ彼女は、無論DJとしても各方面で絶賛され、その才能の奥深さは近年稀にみるレベルのアーティストであるといえる。

    そんな彼女がデビューから3年以上の歳月をかけて、AGORIAのレーベル〈InFiné〉よりリリースした1stアルバム「CRAVE」はパリの眠らぬ夜に衝撃を与えた。アレンジからプロデュースまですべて自身で、バルべスのスタジオで制作されたこのアルバムからの最初のシングル「African Melancholia」では、自身の内に潜む葛藤を描きそれは、マリリン・マンソンのメカニカル・アニマルズを彷彿させさえする。

    アルバムタイトルトラック「Crave」ではクラウス・ノミのバロックが蘇り、ジャンヌ・モローの声やフィリップ・グラスの旋律の影響をも感じとれる数々のトラックで構成される。

    2019年にリリースされたシングル「Auaati」のクリップはKiddy Smileのドキュメンタリーを制作した映像作家レスリー・リンチによって、ダルフールで戦争を逃れたイスラム教徒でクィアな若い女性が直面するイスラム恐怖症、同性愛嫌悪、および他者の拒絶によって引き起こされる苦悩を描きセンセーショナルな話題を呼んだ。



    ============================================================ 

    Contact

    Shintaiso Building No.4 B2F, 2-10-12 Dōgenzaka, Shibuya-ku, Tokyo

    Tel: 03-6427-8107

     

    HP: http://www.contacttokyo.com

    You must be 20 and over with ID.

    ===============================


     

    【関連ニュース】
    トランスジェンダー・ハウス・プロデューサー/DJ OCTO OCTAの新作 |