10/19(土)ベルリン随一のテクノイベントPatterns Of Perceptionが日本初上陸

  • CLUB/DANCE
  • イベント/パーティー
  • 2019.10.17

    • LINE

    • メール

    2016年にベルリンで発足した、ディープな系統のテクノを探究するコレクティブPatterns Of Perceptionが日本初上陸! 

    ベルギー筆頭のDJ/プロデューサーPeter Van Hoesen、Artefaktの一員であるCyspe、さらに〈The Bunker NY〉や〈TANSTAAFL〉を牽引するEric Cloutierをフィーチャーし、ベルリン随一のテクノコレクティブが前衛的な一夜を創り上げます。



    ============================================================ 

    10/19(土)

    Patterns of Perception × Contact


    OPEN 10PM

    Before 11PM | Under 23 ¥2000,  GH S Members ¥2800, w/Flyer | FB Discount ¥3300,  Door ¥3800

    【チケット取扱】 Resident Advisor / clubberia / iFLYER

    ------------------------------------------------------------

    Studio:

    Peter Van Hoesen (Center 91 | Time To Express | Berlin)

    Cyspe (Insula | Rhythm Buro | Netherlands) -Live

    So (Mindgames | The Labyrinth | TRI-BUTE)

    Steve Duncan (Patterns of Perception | Helsinki)


    Contact:

    Eric Cloutier (Palinoia | The Bunker NY | Wolfskuil | Mosaic | Berlin)

    Tatsuoki (Broad)

    Kim Bergstrand (Patterns of Perception | Berlin)

    Hysteria (Patterns of Perception | Berlin)

    ------------------------------------------------------------

    『ベルリン随一のテクノイベントが生み出す全面没入体験』


    よりディープな系統のテクノを探究するプラットフォームとして2016年にベルリンで発足されたPatterns Of PerceptionがContactと邂逅! Ohm、://about blaknk、Arena Clubといった会場で繰り返し開催されてきたベルリン屈指のパーティが、原子レベルで意識を変容させる強烈な夜を作り上げる。

    Studio Xフロアを率いるのは、Patterns of Perceptionの発足当初からパーティに関わっているベルギー筆頭のDJ/プロデューサー、Peter Van Hoesenだ。多様な音楽に触れていることで知られているものの、ディープでサイケデリックなテクノの分野でPeter Van Hoesenの右に出る者はいない。さらに今回の開催では、Artefaktの一員であるCyspeも出演。意識を超越する呪術的マシンミュージックに傾倒する彼のプレイも見逃せない。

    Contactフロアには、〈The Bunker NY〉の牽引役のひとりであり、〈Wolfskuil〉や〈Mosaic〉などのレーベルと密接に活動しているEric Cloutierが登場! 同じくディープ路線のテクノを志向しているものの、Studio Xフロアのじわじわと包み込むような繊細なサウンドとは少し毛色の違うタフさを感じさせるサウンドが、絶妙なコントラストを演出してくれるだろう。両フロアともに全面没入体験を約束する。

    ------------------------------------------------------------

    Peter Van Hoesen

    Patterns of Perception 50


    ベルギー・ブリュッセル出身、現在ベルリンを拠点に活動するPeter Van Hoesenは、普通のテクノアーティストとは一線を画す存在である。テクノというジャンルの第一人者でありながら、クラブに留まらず多様な環境、例えばホームリスニングやギャラリー、美術館向けの音楽をも生み出している。こうした幅広い表現が可能なのは、自身の豊かな人間性を音に反映しているがゆえである。

    プロデューサーとしては、自身が主宰するレーベル〈Time To Express〉から質感たっぷりな楽曲をリリースしているほか、Yves de MeyとのユニットSendaiの活動でも高い評価を得ている。DJとしては、ダークで中毒的なテクノセットを披露することもあれば、思わずうっとりするような音物語の旅へ聴く者を引き込むこともある。高いクオリティとクリエイティビティ、確固たる一貫性、そして人格や感性を常に音楽へ昇華させようとする姿勢こそが、素晴らしいパフォーマンスを生み、彼を孤高の存在として世に知らしめているのである。

    ------------------------------------------------------------

    Eric Cloutier

    Groove Podcast 224


    アメリカ出身、現在はベルリンを拠点に活動するDJ/プロデューサー、Eric Cloutier。20年近くのキャリアを持つアンダーグラウンドセレクターである。デトロイトとベルリンのクラブでのレジデンシーや、〈The Bunker New York〉と〈TANSTAAFL〉のA&Rとしても活躍している。Steve O’Sullivanが運営するレーベル〈Mosaic〉などに楽曲を提供するため、現在は作曲に励んでいる。

    ------------------------------------------------------------

    Cyspe

    Patterns of Perception 23



    CyspeはNick LapienとのユニットであるArtefaktのメンバーとしても知られる、Robin Koekのソロプロジェクトである。2014年に、自身のレーベル〈Insula Records〉より「Amnesia」EPを発表。陶酔感がありつつもバラエティに富んだリズムを打ち出し、抽象的な世界観を創り出すことに焦点を当てたライヴプロジェクトを披露した。

    2018年〈Rhythm Büro〉からリリースした2nd EP「After This World」は、クラブとオープンエア双方に対応するサウンドスケープで新しい領域に踏み込んだ。Contactでのショーは彼の日本ソロデビューとなる。

    ------------------------------------------------------------

    ★Patterns of Perception


    2016年ベルリンで産声を上げた、エレクトロニックミュージックへの情熱を共有する6人からなるコレクティブ、Patterns of Perception。

    テクノ/ハウス/アンビエントなどのカテゴリーを中心とし、よりリズミカルで鮮やかな音楽を探求するとともに、新しい才能の発掘、マスタークラスのアーティストの招聘も活動の軸としている。

    Patterns of Perceptionというプラットフォームにおいて、イベントやミックスシリーズを通じて未来を見据えたアウトプットを重ね、Peter Van Hoesen、Cio D’Or、Marco Shuttle、Patrick Russell、Eric Cloutier、re:ni、Eli Verveine、Aleksi Peräläなどの前衛的なアーティストたちをホスト、精力的に活動を続けている。


    ▶ Official Tumblr

    [https://patternsofperception.tumblr.com/ ]
     

     

     
     

    ===============================

    Contact

    Shintaiso Building No.4 B2F, 2-10-12 Dōgenzaka, Shibuya-ku, Tokyo

    Tel: 03-6427-8107

     

    HP: http://www.contacttokyo.com/  
     

    You must be 20 and over with ID.

    ===============================