12/28(月)『怒涛の2020の幕引きに、絶頂祝祭』日本アンダーグラウンドシーンを代表するアーティストたちが集結

  • CLUB/DANCE
  • イベント/パーティー

2020.12.25

  • LINE

  • メール
============================
12/28(月)
Arthralgia presents Kalmaneit
―――――
Open 10PM
¥1000 Under 23 | Before 11PM ¥1500 GH G Members ¥2000 GH S Members ¥3000 Door
―――――



Studio:
Gonno x Masumura -Live
Alminium -Live
Romy Mats (解体新書)
KOTSU (CYK | Untitled)
Celter (Eclipse)

Contact:
KOPY -Live
サモハンキンポー B2B Nari
Zooy Loomer B2B Hibiki Inatsune
Kamome (Vinyl Youth)

Foyer:
1-DRINK
1017 Muney
DJ Poipoi
Hibi Bliss
Lapistar
―――――







『怒涛の2020の幕引きに、絶頂祝祭』

即興性と同調性をコンセプトにライヴアクトからDJまで、現行の日本アンダーグラウンドシーンを代表するアーティストたちが集結する。
多くの名門レーベルからのリリース、ストーリー性溢れるプレイで日本のハウス/テクノを代表する旗手、GONNOとドラマー/パーカッショニストで、ツチヤニボンドやダニエル・クオンなどのレコーディングやライヴに参加してきた増村和彦の2人がデュオ名義、GONNO x MASUMURAとして登場する。即興性と度重なる音のレイヤーは同調と至高な化学反応を起こすことは間違いないであろう。さらに、同フロアではUKミュージックを軸に、フロア全体を跳ねさせるような、目まぐるしい展開を作り出す解体新書の主宰/レジデントDJ、Romy Mats、今年に京都に拠点を移してからも、West Harlemなど各地のシーンの中核を担うクラブでプレイするCYKのKotsuがデッキを取る。フロアを構築すべく、Eclipse主宰にして、混沌と底なしのグルーヴを作り出すCelterがオープンを務める。
コンタクトフロアでも各方面から強者が揃う。Salon des AmateursやAntwerp、Meakusma Festival でのLena Willikensによるショーケースなど名だたるイベントへの出演経歴を持ち、奇想天外なスタイルでフロアを狂乱させるKOPY、〈MAD LOVE Records〉主宰のサモハンキンポーとCYKのNari、TYTLのメンバーZooey Loomer 1979とGRASSROOTSにて開催されているパーティTarkusを主催するHibiki Inatsuneら2組がB2Bで出演する。オープンは都内を中心に活動するDJクルーVinyl YouthよりKamomeが担当する。
また、1-DRINK、Hibi Blissを中心にセクシーでホットなアーティスト達がラウンジフロアを彩ってくれるであろう。
年の瀬ならではの異種格闘技戦、各アーティストそれぞれが歩んだ2020年の総括を彼らが奏でる音楽から体感してほしい。

============================
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館B2
Tei: 03-6417-8107
http://www.contacttokyo.com

※新型コロナウイルスの感染予防対策の取り組みについて
https://www.contacttokyo.com/news/27949/
============================