TARDE NO WALKIRIA

ITALLO イタロ

ブラジル/アラゴアス州出身の新鋭SSWによる爽やかなアコースティック・サウンドと緻密なエレクトロ・プロダクションの調和が織り成す3rdアルバム。海に浸かっているアートワークに、やはりハズレなし!

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,530円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
THINK! RECORDS
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
THCD642
通販番号
1008765828
発売日
2024年03月06日
EAN
4988044095731
  • LINE

  • メール

商品詳細情報



Interview with Ítallo https://turntokyo.com/features/itallo-tarde-no-walkiria-interview/
自分の生きていない時間を生きるような感覚──ブラジル・アラゴアスのビーチより、イタロが送る11編の穏やかな追憶集
Text by 風間一慶


ブラジル/アラゴアス州出身の新鋭シンガー・ソングライター、イタロことÍtallo França(イタロ・フランサ) による、爽やかなアコースティック・サウンドと緻密なエレクトロ・プロダクションの調和が織り成す3rdアルバム。 海に浸かっているアートワークに、やはりハズレなし!

『Tarde no Walkiria』はブラジル/アラゴアス州出身のシンガーソングライターÍtallo França(イタロ・フランサ)のソロ名義「Ítallo」として、2020年にリリースされた『O Time da Mooca』に続く3作目のアルバム。

Qinhones(キニョーネス)やWado(ヴァド)も所属するリオデジャネイロに本社を置く音楽レーベル「LAB 344」と契約してリリースされた本作は、心地良いメロディを奏でる爽やかなアコースティック・サウンドと、実験的かつ緻密なエレクトロ・プロダクションが見事に調和したMPBの新たな傑作です。

また、同郷アラゴアス出身のBruno Berle(ブルーノ・ベルリ)、弦楽器を担当したリオデジャネイロのAntonio Fischer(アントニオ・フィッシャー)、Pedro Mibielli(ペドロ・ミビエリ)を始め、Marina Nemésio(マリーナ・ネメジオ)、Bruno Di Lullo(ブルーノ・ヂ・ルーロ)、Tori(トリ)、Pedro Fonte(ペドロ・フォンチ)と言った、ブラジルの現行オルタナティブ/MPBシーンで躍進する錚々たるミュージシャン達がゲストに集結しているのも見逃してはいけません。

州都にある通りの名を冠した1曲目の"Jangadeiros Alagoanos"から聴き始めれば、ブラジル/アラゴアスのビーチへと一瞬で誘われます。

■歌詞対訳・解説付

トラックリスト

  • 1.Jangadeiros Alagoanos
  • 2.Tarde no Walkiria
  • 3.Retrato de Maria Lúcia (feat. Marina Nemesio)
  • 4.Palavra de Amor
  • 5.Um Talvez Nome
  • 6.Dr. Manoel
  • 7.Berlim
  • 8.Depois
  • 9.Terra de Clarice
  • 10.Janelas II
  • 11.Para Anastácia (feat. Tori)