• CD
  • 売切

3,080円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
富士キネマ
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
FJCM-10
通販番号
IND6137
発売日
2010年12月15日
EAN
4988044615595
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

昭和の日本映画サウンドトラックの真の名盤」を追い求めるプロジェクト・レーベル
富士キネマ”記念すべき第10弾は『幻の湖』!!

滋賀は雄琴のソープ嬢の愛犬の死から、戦国時代の悲しい物語へと展開、さらにはNASAまで巻き込んで・・・・・・全く予想できない物語の難解さゆえ、公開当時は極端に少ない日数で上映は終了し、その後、長らく鑑賞の機会が全くなかった。しかし、唯一無二の壮大なオーラを持ったこの作品、映画ファンからまさに"幻の映画"と記憶されていたほど。監督は、『砂の器』『八甲田山』の巨匠脚本家の橋本忍、まさに渾身の一作であった。

本作の音楽は、もちろん、名匠、芥川也寸志。リストの前奏曲をモチーフに、『八甲田山』の時とは違った深いアプローチを壮大に聴かせる。公開当時、ワーナー・パイオニアよりリリースされたサウンドトラックLPはプレス数自体が少なかった為、「存在しているのは知っているが、見たことがない」ファン続出の激レア盤となっていた。構成は、『八甲田山』と同じく、LPのA面、B面をそれぞれ1曲と見立てて、トラック・タイトルを入れないスタイル(セリフ は収録されていません)。また、本作以降、映画音楽の仕事を行わずに、7年後に亡くなった為、「芥川也寸志、最後の映画音楽作品」でもある貴重な作品である。初CD化。

トラックリスト

  • 1.幻の湖I
  • 2.幻の湖II