バレアリックのレジェンド"Cantoma" SUBURBIAからのリリースを記念した来日ツアーを開催

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース

2016.03.09

  • LINE

  • メール

 

『Good Mellows For Sunrise Dreaming』『Cantoma For Good Mellows』リリース記念DJツアー

Guest DJ:Cantoma a.k.a. Phil Mison Host DJ:橋本徹(SUBURBIA)

4/14(木)19:30-23:30 Cafe Apres-midi(渋谷)
DJ:Cantoma/橋本徹/NARU
4/15(金)22:00-翌6:00 CIRCUS Tokyo(渋谷)
DJ:Cantoma/橋本徹/DJ YOGURT/Max Essa/Wataru Sakuraba/Jun Kitamura/Ken Hidaka/Sayuri/TOKI/maa/DJ Emerald/YUJI
4/19(火)19:00-24:00 DOMMUNE(渋谷)
DJ:Cantoma/橋本徹/DJ NORI/井上薫/Max Essa/shiba@FreedomSunset/haraguchic/maa
4/20(水)21:00-23:00 (中目黒) dublab.jp@Malmo
DJ:Cantoma/橋本徹
4/21(木)20:00-24:00 TOWER REVOLVE PROJECT@kong tong(三宿)
DJ:Cantoma/橋本徹/Calm
4/22(金)19:00-21:00 HMV record shop 渋谷
DJ:Cantoma/橋本徹/DJ SAGARAXX
4/22(金)21:00-翌2:00 Cafe Apres-midi(渋谷)
DJ:Cantoma/橋本徹/TOJO/haraguchic/taximaya
4/23(土)16:00-22:00 Good Mellows(由比ヶ浜)
DJ:Cantoma/橋本徹/shiba@FreedomSunset/haraguchic/maa
4/24(日)17:00-24:00 CAY(青山)
DJ:Cantoma/橋本徹/Uyama Hiroto/小林恭/近藤淳/青野賢一/長谷川賢司/Takahiro Haraguchi
4/26(火)19:30-22:00 Brooklyn Parlor(新宿)
DJ:橋本徹 Special “Good Mellows” Set

<Biography>                                                               
Cantoma a.k.a. Phil Mison
イギリス出身のPhil Misonは、バレアリックとチルアウトのジャンルが産まれた1990年代初頭からそれらの音楽スタイルを推進し続ける草分け的なDJであり、世界中を駆けめぐる真のバレアリック・レジェンドである。
1991年にロンドンの名クラブ、Milk BarでDJキャリアをスタート、数年後に世界的に有名なイビサのクラブ、Cafe Del MarでJose Padillaのプレイを初めて聴き魅了され、師事する。その後Jose Padilla自身に招かれ、同クラブで彼は2年続けてレジデントDJを務め、独自のDJスタイルに磨きをかけトップDJの階段を駆け上がる。1995年に初のミックスCD『Chillout - The Album』を手がけてから、数多くのレーベルより計10枚以上のコンピレイションとミックスCDをリリースしている。
1990年代の後半には音楽制作を開始し、ソロ・プロジェクトCantomaのアルバムをこれまで計2枚発表、またDJ/プロデューサー、Pete HerbertとのReverso 68や、Ambalaという新名義等でも作品をリリースしている。特にCantoma名義で発表した2003年のMusic For Dreamsからのファースト・アルバム『Cantoma』や、 2010年に盟友Paul Murphyのレーベル、Leng Recordsから発表したセカンド・アルバム『Out Of Town』は、“バレアリックの金字塔”として絶賛された、まさにマスターピースといえる作品である。2015年にはその2枚をアナログで初リリース、レコードは市場から即座に姿を消し、その人気を裏付けた。そして、2016年春には6年ぶりの新作アルバム『Just Landed』をリリース、今年も世界中でのDJツアーが予定されている。

橋本徹(SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは290枚を越える。USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。

  • 前の記事へ

    今年も全国各地で開催! 岡林信康弾き語りライブ2016

    DIW PRODUCTS GROUP

    2016.03.10

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    J・A・シーザー監修 『少女革命ウテナ』の世界が凝縮された決定盤2枚同時発売

    DIW PRODUCTS GROUP

    2016.03.09

  • 一覧へ戻る