MARK De CLIVE-LOWE、日本をテーマにした大作が2枚組でリリース

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース
  • 2018.11.19

    • LINE

    • メール

    伝統的なジャズからクラブ・ソウルミュージックと、多岐なシーンで活躍を続けるキーボード奏者/プロデューサー“MARK De CLIVE-LOWE”による、日本をテーマにした大作『HERITAGE』が2枚組でリリース!!
    カルロス・ニーニョ、ブランドン・ユージン・オーウェンズ、ジ ョシュ・ジョンソンらLAの音楽シーンを支える重要 メンバーの参加にも注目!!

    ニュージーランドで生まれジャズ・ピアニストとしてデビューし、90年代末にはウェスト・ロンドンでブロークンビーツのムーヴメントの真っ只中にいて、現在はLAのジャズ/ビート・シーンの中心にいるマーク・ド・クライヴ・ロウ。その確かな才能は疑うべくもないが、『HERITAGE』は間違いなくキャリアの代表作になるだろう。日本人の血も流れる彼が、初めて日本の音楽に向き合い、作り上げた渾身の2枚組をこの国で紹介できるのはとてつもない歓びだ。(原 雅明 ringsプロデューサー)

    • 前の記事へ

      《アルゼンチン音響派》シーンに大きく印象付けたモノ・フォンタナの1stアルバムが初アナログ化

      DIW PRODUCTS GROUP

      2018.11.19

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      アレッサンドロ・ガラティの最新ソロ録音作品とトリオ・ライブ録音盤が同時発売

      DIW PRODUCTS GROUP

      2018.11.19

    • 一覧へ戻る