AFRO BEGUE、2年ぶりとなる最新アルバムがPlaywrightよりリリース

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース
  • 2019.04.10

    • LINE

    • メール
    遂に3rd アルバムが情報公開!!
    【セネガル出身の伝承音楽家オマール・ゲンデファル率いる AFRO BEGUE(アフロベゲ)、2年ぶりとなる最新アルバムがPlaywrightよりリリース決定!! 先行7inchで話題を集めた RYUHEI THE MAN RE-EDIT をはじめ、若手実力派トラックメーカーによるREMIX音源収録のDLコードが付属(初回プレス分のみ)!!】

    レアグルーヴからジャズまで様々な視点から西アフリカ音楽のダンス性にアプローチするスタンスが支持され、昨年は FUJI ROCK FESTIVAL'18 にも出演を果たすなど、新たなアフロビートを提示する国内最高峰のバンド AFRO BEGUE (アフロベゲ) 。
    パワーとエネルギーのジェンベ・マスターにして慈愛と優しさに満ちたボーカリスト、セネガル出身の伝承音楽家 Omar Gaindefall を筆頭に、ギタリストの Yusuke Tsuda、ソロ活動も精力的に続けるベーシスト SuzKen、Nautilusのドラマーでもある Toshiyuki Sasaki が集い、前作『SANTAT(サンタット)』からおよそ2年を経て、遂に最新アルバムBalkôがリリースされる。
    キャリア初の7inchシングルカットとなった「Boula niit tognié (ブゥラニットニェ)」、かの BOB MARLEY の代表曲である ”GET UP, STAND UP” の意味を冠した「Diogal dawal (ジョガル ダワル)」など、強靭なファンクネスを帯びたキラー・トラックから、デザートブルース meets ジャズ、TIKEN JAH FAKOLY をも彷彿とさせる哀愁のアフリカン・レゲエまで、色彩豊かな6曲が収録されている。
    また7inchシングルにも収録され話題を集めたレアグルーヴ好き必聴の RYUHEI THE MAN によるRE-EDITをはじめ、K BoW , Ujörk , Amps といった若手トラックメーカーによるHOUSE~EDM~BASS MUSIC REMIXを収録したダウンロード・コードが付属決定。自由な発想と遊び心を持った実力派クラブDJと、新境地へ果敢に挑戦する AFRO BEGUE との邂逅によるこの産物は、日本のクラブシーンにおいても大いなる一歩と言えるだろう。
    世界中のダンスフロアで再注目が進むアフリカ大陸全土のダンスミュージックだが、ここ日本でも着実にリスナーを増やしている。日本から世界に向けて発信される、西アフリカ音楽の新たなる道標がここに完成した。ラテン鈴木

    MEMBER:
    Omar Gaindefall (Vo, Djembe),Yusuke Tsuda (G),SuzKen (B),Toshiyuki Sasaki (D)

    ■ゲストミュージシャン
    Hanah Spring ハナスプリング (cho)  -  on track 01,03,06
    Toshiyuki Mori 森 俊之 (org)  -  on track 04,05

    ■REMIX 4曲入りダウンロード・コード収録曲 (初回プレス分限定)
    ・Boula niit tognié - RYUHEI THE MAN (AT HOME SOUND) RE-EDIT
    ・Abo ridial - K BoW REMIX
    ・Boula niit tognié - Ujörk REMIX
    ・Diogal dawal - Amps (TREKKIE TRAX) REMIX

    サウンドエンジニア : 速水直樹
    デザイナー : Tatsuya Horikawa
    Artist Photos : Kasuga Taiki



    ジェンベ・マスターのセネガル人、オマール・ゲンデファル率いるアフロビートバンド。アフロベゲ の ベゲ はウォロフ語で ”楽しむ” の意味。セネガルに数世代に渡る伝承音楽家、グリオであるオマールの伝統音楽と、現代のサウンドを融合させたオリジナルサウンド。
    2014年 1st Album『BEGUE』、2017年にはPlaywrightより2nd Album『SANTAT』をリリース。ジェンベの神様、ママディ・ケイタ氏来日パーティーで演奏、ママディ氏より高く賞賛させる。
    また、国内最大級のジャズフェスティバル「東京JAZZフェスティバル」をはじめ、「アースデイ東京」「すみだストリートジャズフェスティバル」、「中津川 THE SOLAR BUDKAN 」、そして2018年には遂に「FUJI ROCK FESTIVAL」にも出演を果たし、アフロベゲ流の西アフリカ音楽で大観衆を魅了した。
    2019年4月にはキャリア初となる7inchシングルを発表、同年6月には3rd Album『Balkô』のリリースも決定している。
    世界中のダンスフロアで再注目が進むアフリカ大陸全土のダンスミュージックだが、ここ日本でも着実にリスナーを増やしている。日本を代表するアフロビートバンドになることは必至の存在だ。
    <オフィシャルサイト>
    http://afro-begue.com/

    4/30 (TUE) 渋谷 THE ROOM  w/ DJ: RYUHEI THE MAN (AT HOME SOUND)
    NEW!! 5/4 (SAT) 高槻ジャズストリート/茨木音楽祭
    NEW!! 5/9 (THU) 元住吉 POWERS2 w/ Hanah Spring
    5/21 (TUE) 渋谷 THE ROOM  w/ DJ: 大塚 広子
    NEW!! 7/20 (SAT) ~ 21 (SUN) ハイライフ八ヶ岳2019
    • 前の記事へ

      5/1発売、ROSEOROSEのニューアルバム「YOUR IGNORANCE IS OUR DEATH」トレーラーを公開!

      DIW PRODUCTS GROUP

      2019.04.19

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      日・伊インディーサウンドの新星にして最先端Fukai Nanaが初のEPをリリース!

      DIW PRODUCTS GROUP

      2019.04.10

    • 一覧へ戻る