エヂソン・ナターリが1990 年に残した傑作『ニナ・マイカ』が初の CD リイシュー

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース
  • 2019.07.03

    • LINE

    • メール
    ポスト・クルビ・ダ・エスキーナの最高峰 !  サンパウロ生まれの音楽家エヂソン・ナターリ (Edson Natale) が、トニーニョ・オルタやスバらのサポートをえて 1990 年に残した傑作『ニナ・マイカ』が初の CD リイシュー。

    ミルトン・ナシメントやロー・ボルジェスらが牽引したブラジル・ミナスの音楽ムーヴメント「街角クラブ」の世界観を、トニーニョ・オルタ、スバことミタル・スボティッチ (Mitar Subotic/a.k.a Rex Illusivi) らと共にアップデートしたともいえるその内容は「ポスト街角クラブ」と謳うに相応しい内容である。
    MUSIC FROM MEMORY のコンピ『OUTRO TEMPO II - ELECTRONIC AND CONTEMPORARY MUSIC FROM BRAZIL 1984-1996』に収録された表題曲 "Nina Maika" や、浮遊感あふれるキラーチューン "Perseguindo O Por Do Sol" を筆頭に DJからも非常に人気の高い一枚で、オリジナルのレコードは 500 USD以上で取引されている。
    ミナス音楽ファンはもちろん、電子音楽、ニューエイジ、バレアリック、ECM諸作のファンにも推薦したいブラジル音楽の新定番的マスターピース! 

    ■ パーソネル : Toninho Horta, Andre Gereissati, Joao Parahyba, Edson Cordeiro, Alex Braga, Mitar Subotic, Loren Dae, Ana Colomar.
    ■ ライナーノーツ : 柴崎祐二
    ■ 濱瀬元彦 (SR2D-1001)、 モノ・フォンタナ (SR2D-1002) に続く SRRD レーベル新作

    • 前の記事へ

      エヂソン・ナターリが1990年に残した傑作『ニナ・マイカ』が初の LP リイシュー

      DIW PRODUCTS GROUP

      2019.07.03

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      Brandee Younger、原点が詰まった雄大で高揚感溢れる待望の新作!!

      DIW PRODUCTS GROUP

      2019.07.03

    • 一覧へ戻る